印刷版   


中国特製、発泡スチロールの「コンクリート」

 【大紀元日本5月15日】中国のインターネットでは最近、欠陥建築の象徴である「おから工事」の写真が掲載され、話題になっている。その写真では、建物のコンクリートの表面が剥落し、その中身が白い発泡スチロールであることが判明した。

 1990年代初期、建築直後の大橋が倒壊したことがきっかけで、粗悪な建築材料の問題が表面化した。当時の朱熔基・首相が、これらの不良建築を「おから工事」と名づけた。


 
(翻訳編集・叶子)


 (09/05/15 07:44)  





■関連文章
  • 四川大地震、児童死亡者1万9千人=中国政府が公表(08/11/24)
  • 四川大地震発生から半年 悲しみなお続く被災者たち(08/11/16)
  • 六四天安門事件19周年、追悼集会に5万人=香港(08/06/06)
  • 四川大地震:震源地で大量のコンクリート噴出、地下核施設爆発か(08/06/03)
  • 中共の歪曲報道:愛国感情を逆手に、法輪功に濡れ衣を着せる(08/06/01)
  • 北京:地面十数メートル亀裂発生、地震によるものか(08/05/27)
  • 四川大地震=倒壊する校舎、疑問視される建設基準(08/05/21)
  • 四川大地震:重慶梁平県政府、小学校おから工事隠蔽か(08/05/20)
  • 中国の「おから工事」の実態=第12回九評セミナー開く(07/04/23)
  • 「江沢民文選」出版、法輪功の弾圧理由に言及(06/08/13)