THE EPOCH TIMES

WHO、新型インフルエンザ、パンデミックと言える段階ではない

2009年05月14日 05時14分
 【大紀元日本5月13日】 ロイター通信によると11日、WHO国際保健機関は、新型インフルエンザは北アメリカ以外では人から人への感染が続く様子はなく、パンデミック(世界的大流行)といえる段階ではないと発表した。

 WHOのフクダ事務局長補代理は、豚インフルエンザがパンデミックの要因になるかどうかを決めるのは時期尚早であると話した。

 またフクダ氏は「未だレベル5に設定されており、混乱した状況で、ほぼ毎日状況が変わっている」と述べた。

 WHOは世界で4379人感染者を確認。もっとも影響があるのは依然北米で、アメリカだけで感染者は2600人いる。

 メキシコでは2週間ぶりに子供たちがマスクをつけて登校する姿が見られた。先週、学校など教育機関は床から天井まで磨かれて、生徒たちは厳しい衛生規則にしたがうよう言われている。

 「マスクが守ってくれることはわかるけれど、かゆくなって気持ちわるい」と、メキシコシティの学校に通う10歳のパメラは話した。

 多くの子供たちがマスクをつけているが、マスクが感染を防げるという証拠はどこにもない。

 コルドバ保健相によるとメキシコの死者数は56人に増加。感染者数は2059人にのぼっている。

 11日には、キューバで初めて感染者が確認された。

 (翻訳編集・西村)
関連キーワード

関連特集

^