THE EPOCH TIMES

世界が注目する天使の歌声、惜しくも優勝ならず

2009年06月02日 01時32分
 【大紀元日本6月2日】英国の芸能人オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で一夜にして有名となったスーザン・ボイルさん(47)は先月30日、同番組の決勝に挑んだ。名曲「I Dreamed A Dream」を再び熱唱した彼女は、審査員から高い評価を得たものの、視聴者投票で惜しくも2位となり、優勝を逃した。

 決勝に進出した選手は10組。その結果は視聴者投票で決められる仕組みとなっている。

 優勝したのは少年10数人のダンスグループ「ダイバーシティー」(Diversity)。彼らは年齢、身長、体格がバラバラだが、一糸乱れぬ動きでストーリー性のある難易度の高いダンスを披露し、審査員を魅了した。審査員の一人サイモン・コーウェル氏は「この出演に10点満点をつけるしかない」とダイバーシティーを絶賛。投票する視聴者も若者が多いためか、同グループが最高得票数を得て優勝した。

 全世界が注目するスーザンさんは8番目に出場。濃いブルーのワンピースに身を包んだ彼女は予選のときに歌った名曲「I Dreamed A Dream」を再び熱唱した。彼女の一層磨かれた歌唱力を、審査員は世界一流の水準だと評価したが、惜しくも投票数はダイバーシティーに及ばず2位となった。

 
惜しくも2位となったスーザンさん

英国のテレビ業界で最も人気の高いこのオーディション番組には、誰でも参加を申込むことができる。予選と準決勝の結果は3人の審査員に委ねられ、決勝は全国視聴者の電話やインターネット投票で決まる。

 優勝者は10万ポンド(約1500万円)の賞金を獲得するほか、リバプール帝国劇場で開かれるイベントで、エリザベス女王と皇室関係者の前で歌を披露することができる。

(記者・文華、翻訳編集・叶子)

関連キーワード
^