印刷版   

5月27日、開かれた公聴会で中国の人権侵害の実態について報告するカナダ政府元閣僚デービッド・キルガー氏(大紀元)

カナダ各党派議員、中国人権侵害・公聴会開く

 【大紀元日本6月2日】カナダ国会で5月27日、各党派上下院議員が中国人権公聴会を発起し、無党派議員ら、メディア関係者、非政府団体等数十人が参加し、6人の専門家および被害者らが異なる角度から中国共産党(中共)が行なっている深刻な人権侵害の報告を受けた。中国強制労働収容所で作られた製品がカナダに及ぼす影響、また、中国共産党政権(中共)による法輪功への迫害は、カナダの家庭にどのような影響を与えているのか、法輪功学習者を対象にした臓器狩りや、中国国内2億3千万人のネット利用者に対するインターネット制御による情報統制の実態などを報告した。

 中国における「強制労働」の実態

 法輪功学習者を対象に生きたままに臓器狩りに関する調査報告書の著者の一人、カナダ政府元閣僚デービッド・キルガー氏は20年前に発生した「六四天安門虐殺事件」を振り返り、「中共の弾圧に対する国際社会の非難をけん制し、大虐殺お合法性を唱えるために、中共は人々の注意力を他の経済成長に向けさせた。さらに『世界の工場』として、強制労働収容所に拘束された「良心的囚人」が製造した製品を含め、安価な製品製造を行った」と明らかにした。キルガー氏は、「目下の世界的経済危機の中で、中共への非難は止めるべきだとの意見もあるが、天安門事件20年、法輪功への迫害が10年も続いている現在、やはり自分としては立ち上がり真相を明らかにしなければならない」と訴えた。
専門家及び被害者証人らの報告と証言を受けた上院のコンシグリオ・ディ・ニノ議員(左1)、ケイス・マーティン議員(左2)およびデビンダー・ショリー議員(右1) (大紀元・Samira)


 キルガー氏は、「今日、異見者や信仰を持つ中国人を制御するため、強制労働収容へ送り込むような懲罰を実行している政府は中国だけだ」と示し、「法的手続きを踏まず、刑務所に送られ4年間も監禁されることは中国では日常茶飯事のように行なわれている」ことを明らかにした。

 法輪功学習者・宋于飛さんはかつて北京女子労働収容所で強要させられた重労働について語った。毎日午前6時から午後10時まで、昼食15分間、夕食10分間、洗面などの5分間を除き、すべてが労働時間であり、あらゆる輸出用製品の製造に従事させられ、ノルマをこなせなければ、深夜1時までに労働させられることを明らかにした。宋さんは、当時同じ収容所には約700人の法輪功学習者が不当に拘束されていたことを示した。これに対し、キルガー氏は2005年の統計によると、中国には340の強制労働収容所があり、30万人を監禁し、毎日最長16時間の労働で作られた製品は世界貿易機構(WTO)の規定に違反して輸出していることを指摘した。

 法輪功学習者を対象にした臓器狩り

 臓器狩り調査報告書のもう1人の著者で、人権弁護士デービッド・マタス氏は、「1999年法輪功が迫害を受けてから、2001年末に北京へ請願した学習者は約83万人。不当に拘束された法輪功学習者らは、連座制による迫害の波及を恐れたため身元を明かさない者が大勢いる。そうした人々が臓器摘出され売買される潜在的な源である」と指摘した。
カナダ国会議員ロブ・アンダーズ氏(左)およびラリー・バグネイル氏(中)も人権問題公聴会に参加した(大紀元・Samira)


 法輪功学習者への拷問実態

 法輪功人権情報センターの記録によると、非合法に刑務所および強制労働収容所に拘束された法輪功学習者は20万人以上、100万人以上の学習者が何度も拘束され拘留された。拷問を受けた事例は8万7千件を超え、3266人が拷問によって死亡し、その内の104件死亡事件は昨年の五輪開催直前に起きたという。

 かつて中国清華大学で学び、現在はカナダのカルガリー大学で博士コースを修める劉文宇さんは、中国国内で受けた自らの迫害された体験を語り、「3年間で警察から絶えず暴力を受け、スタンガンによる電気ショックで心臓が麻痺するほどで、皮膚が焦げた臭いは部屋を充満した。警察はさらに、精神を崩壊させるために、何日も寝かさなかった」と明らかにした。劉さんの妻は不当にも12年の刑に処され、現在は北京女子刑務所で迫害を受けているという。
「グローバル・インターネット・フリーダム・コンソルチュム」の副主管・周世宇氏は、中共は1990年代半ばより検査制度を実行し、1999年法輪功への迫害が始まってから、さらに強化されたことを指摘した(大紀元・Samira)


 一方、「グローバル・インターネット・フリーダム連盟」の副主管・周世宇氏は、中共は1990年代半ばより検査制度を実行し、1999年法輪功への迫害を開始してから、さらに強化したことを指摘した。

 貿易のために人権を犠牲、高過ぎる代償

 カナダ議会のルイデ議員は、「大規模の人権迫害は大量の資金および資源が必要である。資金の入手が続く限り、迫害も存在し続ける。ナチスが当時ユダヤ人を計画的に殺害すると同時にユダヤ人から搾取する手段がそうである」と指摘した。

 キルガー氏は、「国際経済危機の中で、各国は中国の協力を求める際、中共の人権記録を無視するやり方に同調してしまいがちである。われわれの指導者に対して、中共の人権記録を無視することは、人類の尊厳、カナダとその法制の基本理念に背くであることを注意を与えなければならない。中国政府とどれほどの金額の取引を交わしても、中国人民および世界の人民がその為に払う代償が高いということに気を付けるべきだ。大虐殺やその他の人権迫害の犠牲者らを忘れてはならない。中国政府に対し、世界人権宣言を尊重すべきで、嘲弄してはならないことを求めるべきだ」と訴えた。

 
(記者・梁耀、翻訳編集・余靜)


 (09/06/02 06:23)  





■関連文章
  • 関係者真相暴露、新華ネットの偽「親不孝」ニュース(09/06/01)
  • 香港8千人デモ、天安門事件名誉回復を求める(09/06/01)
  • 天安門の母、今なお続く苦悩(09/05/31)
  • 脳の不思議:ボーっとしている時ほど、直観に優れる?(09/05/29)
  • 米下院議長訪中、デモ防止で直訴者大量逮捕=上海(09/05/29)
  • 「六・四」天安門事件二十周年記念イベントのご案内(09/05/25)
  • 多発する弁護士監禁・拷問事件、北京で中国法学者シンポジウム開く(09/05/24)
  • 法輪功事案受けた弁護士、当局から監禁・拷問(09/05/17)
  • 故趙紫陽・元総書記の回想録、香港で出版(09/05/15)
  • 壮大、六千人の地上絵=台湾・世界法輪大法デー祝賀(09/05/12)
  • 中国汚職役人:逃亡先は米、カナダ、豪州に集中(09/05/11)
  • 四面楚歌 太子党・薄煕来の敗北の運命(09/05/09)
  • 第2次大戦時、ナチスから2500人の子どもを救った女性(09/05/09)
  • 欧州議会副議長、「臓器狩り」記者会見=英国(09/05/08)
  • 米著名人権弁護士、高智晟弁護士の解放求める(09/05/07)