THE EPOCH TIMES

「ハリー・ポッター」第6部の英国プレミア試写会、3500人のファンが集まる

2009年07月10日 01時24分
 【大紀元日本7月10日】ロンドンで現地時間7月7日に、人気映画シリーズ「ハリー・ポッター」の第6部『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のプレミア試写会が行われた。

 このイベントにはハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフさんや、エマ・ワトソンさん、ルパート・グリントさんら3人の主演者のほか、原作者のJ・K・ローリングさんも参加した。世界40数カ国のメディアが取材に訪れた。

 雨の中で行われた関連のイベントに、約3,500人のファンが駆けつけた。ダニエル・ラドクリフさんたちも雨の中、7時間立ちっぱなしのファンたちのためにサイン等のサービスを行った。

 その日、エマさんが身に着けていたドレスは1970年代のビンテージもので、大人の女性の魅力を存分に強調していた。

 
ダニエルとの合成写真を手にする女性ファン(撮影=自由時報記者・雛念祖)

同映画の制作費用は1億5千万ボンド(約225億円)。

 このシリーズはいよいよ物語のクライマックスを迎える。ヴォルデモート卿の支配がますます強まっていく中、ダニエルが演じるハリーとダンブルドア校長は、彼の制御力を解く術を探るため、キーマンであるダンブルドア校長の元同僚兼友人ホラス・スラグホーンを学校に迎え入れることにした。

 日本では7月15日から全国公開予定。

(翻訳編集・叶子)

関連キーワード
^