印刷版   

中国貴州省:国有福祉施設、乳児を外国人に売り飛ばす

 【大紀元日本7月13日】中国貴州省鎮遠県の社会福祉施設が乳児を外国人に売り飛ばし、暴利を貪っていることがこのほど明らかになった。

 中国紙「南方都市報」の調査によって、上記の事が判明した。報道によると、人身売買される乳児は、「一人っ子政策」に違反して生まれた女の子ばかり。ほとんどは現地政府の計画生育部門の職員が親から無理やりに連れ去った子供だという。

 中国では近年、「一人っ子政策」に違反した場合、巨額の罰金を支払いさえすれば、子どもを生むことが許される。しかし、現地の貧しい親たちは、巨額の罰金を払えないために、生まれたばかりのわが子を県政府が運営する福祉施設に強制的に連れ去られる場合が多い。

 これらの乳児は後に、一人につき3千ドルの価格で外国人に売られる。これらの外国人は中国を訪れて養子を求める人たちである。現地政府は彼らに、乳児は親に捨てられた子であると説明している。

 同紙の調査によれば、2001年から、この福祉施設はすでに80人あまりの乳児を売り飛ばした。

 報道は現地の政府計画生育部門の幹部の発言を引用した。自分たちは現地の「一人っ子政策」違反の世帯の情報を詳細に把握している。母親が妊娠しているときからすでに見張られているという。

 また、その幹部によると、乳児が誕生すると20日から3ヶ月までの間に、無理やり親から引き離される。「数歳の子どもはいらない。返り道を知っていて自分で家に戻れるからだ」という。

 

 
(翻訳編集・叶子)


 

 (09/07/13 21:23)  





■関連文章
  • 米大手玩具メーカー:鉛含有玩具の輸入で、2億円以上の罰金で和解(09/06/07)
  • 「婿養子」が多い甘粛省康県(09/05/23)
  • 米国人夫婦、中国で重度障害児施設を設立(09/05/09)
  • 誘拐された児童千人あまり、懸賞金1億4千万円=広東省東莞(09/04/22)
  • 中共幹部による集団少女強姦事件、非公開審理に疑問の声(09/04/17)
  • 貴州省でM4・7の地震発生、一部家屋が倒壊(09/03/23)
  • 2カ月以上燃え続ける地下からの炎=貴州省(09/03/18)
  • 深刻な環境汚染、身体に欠陥のある乳児が激増=中国(09/02/03)
  • 有毒粉ミルク再び 乳児48人が結石=中国(09/02/01)
  • 有害粉ミルク事件、三鹿グループが破産宣告(08/12/25)
  • 1万人タクシー運転手大規模なストライキ、当局の高圧政策に抗議=四川・重慶(08/11/06)
  • 手足口病流行で乳児3人が死亡=福建省(08/10/23)
  • あせも治療クリームで、乳児に子宮出血の生理現象=中国湖南省(08/10/21)
  • 大学病院で院内感染 乳児8人死亡=陝西省西安市(08/10/19)
  • 老年人口1億4千9百万人、深刻化する老人介護問題=中国(08/10/09)