印刷版   

第2四半期のGDP、0.9%成長=5四半期ぶりのプラス成長

 【大紀元日本8月19日】内閣府が17日の発表によると、平成21年4~6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、前期(平成21年1~3月)比の0.9%増、年率3.7%増となり、5四半期ぶりのプラス成長となった。

 昨年、日本は正式な経済衰退に入り、世界経済のリセッションの影響も受け、今年の第1四半期の年率成長率はマイナス11.7%。

 BBC東京駐在記者ビルクー氏の分析によると、「日本経済が衰退から出られた主な原因として、定額給付金の支給やエコポイント制度の導入など、政府による大規模な経済刺激措置が挙げられる。また、中国市場の需要増も日本の製造業回復にプラス作用をもたらしている」と指摘する。

 アール・ビー・エス証券会社、東京支店チーフ・エコノミスト・ジャパンの西岡純子氏は、ロイター通信のインタビューで、「17日発表の数値は非常に前向き。 他のアナリストのように経済が再び衰退するとは思わない。しかし、政府の刺激措置は今後効果が薄れ、冷夏もマイナス効果となるため、第3四半期は第2四半期ほどの成長は望めない」と語った。

 輸出依存型の日本経済は、アメリカの消費削減に大きく左右される。日銀は最近の報告書で日本経済の現状を慎重にとらえており、 経済の更なる後退はひとまず休止したが高失業率、消費低迷の状況はしばらく続くだろうと予測。 日銀展望リポート中間評価では、2010年3月までの09年度実質GDPの見通し中央値をマイナス3.4%としている。

 フランスとドイツの両国も今年第2四半期の成長率は0.3%。1年にわたるリセッションに終止符が打たれた。香港も第2四半期の成長率は3.3%。 予測を大きく上回ったため、 香港政府は現在、年間成長率を上方修正している。

(翻訳・編集、張Y)


 (09/08/19 01:46)  





■関連文章
  • 数百人暴徒の襲撃で町が破壊、政府が関与か=山東省(09/08/12)
  • 真っ赤に染まった河川、工業廃水が原因か=広東省(09/07/24)
  • 簡単に爆弾を持ち込めた米国政府ビル、GAO報告書で明らかに(09/07/15)
  • 中国官製拷問マニュアル、ネットで暴露=英紙(09/04/27)
  • 拡大するハッカー攻撃、大半が中国から(09/04/15)
  • チベット亡命政府、弾圧事件の映像を公表(09/03/21)
  • 中国湖北省:強制土地収用、厳しい監視にさらされる農民(09/03/01)
  • 中国四川省:鉄道建設補償金に不満の村民、警察と衝突(09/02/21)
  • 中国甘粛省:5万人大規模抗議、当局の弾圧で死者多数(08/11/20)
  • チベット亡命政府、独立路線示唆(08/11/20)
  • ドイツ政府メディア、中共擁護の副部長解任(08/10/09)
  • チベット自治区、上層幹部の人事異動(08/10/05)
  • 有毒粉ミルク事件:予想される莫大な被害者賠償請求、 政府が弁護士に圧力(08/09/25)
  • 中共の孤立希望しない=ダライ・ラマ(08/08/15)
  • チベットラマ僧に「愛国主義試験」合格を義務化(08/06/17)