印刷版   

国境地区における中国の通信設備を制限=インド

 【大紀元日本8月29日】インドの「ヒンドスタン・タイムズ紙」27日付けの報道によると、インド政府は、国家の安全を脅かすテロ攻撃関連の情報を受け、インド国境地区における各国の民間プロバイダーに対して、中国の通信設備利用を制限する可能性がある。

 中国大陸メディアによると、インド電気通信局(DoT)はプロバイダー各社の最高経営責任者を招集し会議を開いた。この会議にはインド通信局のシッダールタ・ベフラ長官(Siddharth Behura)も参加。

 議題には、中国製の通信設備機器を国境地域で使うべきではないとするインド内政省の報告が挙げられている。その背後には、中国からの通信機器は、エレメントやウィンドウが埋め込まれいる可能性があり、システムをシャットダウンしたり壊したりするサイバー攻撃が、中国の意思で始動する恐れがあるとする、インド情報局からの警告がある。この警告を受けて、インド最大の国営通信事業社バーラト・サンチャル・ニガム社(BSNL)は、中国への通信設備発注を禁じられている。今後、民間の通信事業社に対しても規制を当てはめるべきか考慮していると、電気通信局の高官は「ヒンドスタン・タイムズ紙」に語っている。

 今年5月、インドの国防省筋によると、華為社などの多く中国大手は中国政府や情報部門、軍部と密接な関係にあり、華為社はすでに米国政府のブラックリストに入っている。この他、中興通信にも類似の経歴がある。この2社に対しては、インド国内での設備工事を一切許すべきではないと指摘されている。

(翻訳編集・坂本)

 (09/08/29 09:37)  





■関連文章
  • トヨタ車パワーウインドーに欠陥、中国で約70万台リコール(09/08/25)
  • 中国、「真珠の数珠つなぎ」政策 緊張高まる中印関係(09/08/19)
  • 消費される地下水、1億人以上に影響か=インド北部(09/08/17)
  • 1500人ダイビング!インドネシア独立記念のお祝いにギネス記録ぬりかえ挑戦(09/08/16)
  • インドネシア一流ホテル自爆テロ事件、イスラム過激派幹部が関与 (09/07/19)
  • 子供服コンテスト=インド(09/07/19)
  • 米ドルに変わる新基軸通貨誕生か BRICs首脳が16日に協議(09/06/12)
  • 163年のゴード一家の伝承「魚のくすり」 子どもの喘息を治す(09/06/09)
  • インドでマンゴー展示会、225品種勢揃い(09/05/27)
  • インド・アッサム:3度の爆発事件発生、7人死亡(09/04/08)
  • ダライ・ラマ14世インド国籍取得、宗教への包容性を提起(09/04/07)
  • インド、中国製玩具の輸入を全面禁止(09/02/14)
  • 日本人インド舞踊家:神韻の舞踊は人の心に訴える(09/02/12)
  • インド、半年間の中国製玩具禁輸(09/01/25)
  • 各国民族舞踊家、神韻の中国古典舞踊を称賛(09/01/14)