印刷版   

チベット旗を掲げ、当局のチベット人僧侶逮捕に抗議=中国青海省

 【大紀元日本9月21日】青海省玉樹チベット族自治州囊謙(ナンチェン)県で16日、地元チベット企業団体らが主催する大型音楽祭の会場に、突如現れたチベット人グループが、会場内の高い木にチベットの旗を高く揚げて、会場にいた多くの参加者が一緒にシュプレヒコールを繰り返した。グループは警察が到着する前に逃走した。少し前に当局が2人の僧侶を逮捕した件への抗議とみられている。

 チベットの声ラジオ放送の報道によると、玉樹チベット族自治州囊謙県のバミ寺前の広場で16日、大型音楽祭が開催され、チベットの著名男女歌手および多くの民衆が参加した。現地時間午後5時、複数のチベット人が大声でシュプレヒコールを繰り返しながら広場に入り、木にチベットの旗を掲げた。会場にいた大勢の参加者も連られてシュプレヒコールを繰り返した。

 旗を掲げたチベット人は、広場の外で待機していた仲間とオートバイで現場から去った。同じグループとみられる人たちも同時に四方八方へと散った。当時会場にいた囊謙県第1民族中学校の生徒4人は、現場写真を撮影したことで到着した警察から暴力を受けた。また、会場は中国当局の警察に包囲されたという。

 情報筋によると、17日夜、大量の武装軍人と警察が囊謙県に進駐し、各主要通路の入口には約20人が警備に当たっているという。地元のチベット人が拘束されたかどうかは不明。

 これに対して、チベット亡命政府のチベット人民会議ガシ・モランタチン議員は17日、チベット情報筋からの情報を引用し、当局が少し前に2人の僧侶を逮捕した経緯を説明した。チベット人の同件に対する抗議だとみられるという。

 モランタチン議員によると、少し前に、玉樹州民族宗教事務局が同州内のツジュウ寺、ジァウツァ寺、バミ寺およびゴンシャブ寺に発電機などの部品を配布した際、10個の部品が不足したことで、ゴンシャブ寺の僧侶2人が同州関連部門へ補給を求めたが口論になり、当局に拘束された。のち、ゴンシャブ寺の高僧が2人の解放を求め、当局に請願書を提出したが無視されたという。

(翻訳編集・余靜)

 (09/09/21 05:00)  





■関連文章
  • 肺ペスト感染、新たに1人が死亡=中国青海省(09/08/06)
  • 肺ペスト発生死者2人、感染地域閉鎖=中国青海省(09/08/03)
  • 野鳥121羽が鳥インフルで死亡=青海省(09/05/20)
  • 中国青海省:ラマ僧自殺で数千人のチベット人と警察が衝突(09/03/23)
  • チベット事件一周年前、2寺院の僧侶らを連行=青海省(09/03/12)
  • 制限増すチベット地区、外国人の旅行禁じる(09/02/16)
  • 中国青海省:M6・3地震発生(08/11/12)
  • 中国青海省:イスラム教寺院が倒壊、30人以上死傷(08/07/26)
  • チベット亡命政府:中国青海省で百人以上が逮捕される(08/04/20)
  • 中国青海省で再びデモ、抗議者らを殴りつける武装警察(08/04/20)
  • 中共:ネパールにチベット人デモ阻止を要求(08/04/04)
  • 四川省ガパ県、虐殺されたチベット人=真実を語る遺体写真(08/03/22)
  • 5千年前の陶器にも中国舞踊図が(07/09/13)
  • 中国:年平均20カ所の湖が消失(07/08/12)
  • 中国青海省:アジア型口蹄疫発生、牛107頭処分(07/07/05)