印刷版   

チベット族居住地で抗議活動多発、外国人立ち入り禁止=中国四川省

 【大紀元日本10月6日】中国当局の政権樹立60周年の大規模閲兵式が終わった翌日の10月2日、四川省のチベット族居住地では、外国人立ち入り禁止の内部通達が出されていた。国外のチベット関連団体によると、四川省のチベット自治州では、チベット人による抗議活動が何件か発生したもよう。

 「ラジオ・フリー・アジア」(RFA)によると、四川省北部の阿ハチベット族・チャン族自治州では、チベット人による抗議活動が数回ほど発生したことが確認された。

 インドのダラムサラ在住の2人のチベット人は、RFAの取材に応え、10月1日と3日に、同自治州の寺院や街で、大量の中国共産党反対のチラシがばら撒かれたと証言。チラシの内容は、今年のダライ・ラーマ十四世の3月10日の講演内容、中共政権樹立以来、チベットで発生した60年にわたる数々の災難などが記載されていた。

 抗議活動は、9月24日、25日の発生を含めて、四回ほどあったという。

 一方、10月2日、四川省観光局は、県内の旅行会社に、甘孜(東チベット)自治州への外国人の立ち入りを一切禁止する内部通達を下した。すでに現地へ出発した外国人観光客も連れ戻されたと伝えられている。通達の執行期限は示されていないという。

 成都市旅行会社の職員は取材に対して、通達の原因については、国家政策に触れるため、コメントを控えると話した。

 また、別の旅行会社の職員は、60周年日の前にこのような禁止規定はなかったが、2日に突然通達を受けたという。その日、すでに甘孜へ出発したバスの中の外国人観光客は、即刻、バスから降ろされた。

 チベット亡命政府のガサン議員によると、政権が過剰反応していた60周年記念はすでに過ぎており、祝賀活動も終了したのに、禁止令は異例であるという。「甘孜(東チベット)自治州は、緊迫した地域。10月1日前に、多くの寺院が厳しく規制管理された。何らかの事情が発生しているのだろう」と話した。

 外国人の立ち入りを禁止令の敷かれていない、ほかのチベット地区では、警察による検問が一層厳しくなっているという。

(翻訳編集・叶子)


 (09/10/06 12:00)  





■関連文章
  • 新疆針刺し事件、他の地域へ拡大 当局は情報封鎖へ(09/10/05)
  • 米国下院と欧州議会で、中国の民主・人権問題を問う(09/10/03)
  • 漢・ウイグル・チベット人、ロンドン中国大使館前で、民主を求め抗議(09/10/03)
  • 10月1日「国殤日」、中国大使館前で静かな抗議(09/10/02)
  • ウィグル人抗議事件:中共が画策 民族対立させるため=ラビア氏(09/09/28)
  • 外国人観光客、チベット入り禁止(09/09/23)
  • チベット旗を掲げ、当局のチベット人僧侶逮捕に抗議=中国青海省(09/09/21)
  • ウイグル人の抗議活動再発 当局、戒厳令実施か=新疆(09/09/21)
  • 国境線での中国側発砲報道、印政府が否定(09/09/17)
  • 集団抗議事件急増 中共中央、新たな安定維持策を整備(09/09/16)
  • 新疆ウルムチ抗議事件、国外メディアはこう見る(09/09/13)
  • 中印国境タワン地区、緊張の焦点に(09/09/12)
  • <新疆ウルムチ抗議事件>自治区党書記の解任を促す、国内外多民族連合書簡、軍人も署名(09/09/11)
  • 新疆で取材中、警察から殴打 香港記者協会が抗議(09/09/10)
  • ラビア氏所有のビル撤去、抗議活動再発の導火線に=中国新疆(09/09/08)