印刷版   

10月17日、台湾の国民党党首に就任した馬英九総統(AFP通信)

「台湾向けミサイル撤回が前提」=馬総統

 【大紀元日本10月24日】先週、与党・国民党の主席に就任した台湾の馬英九総統は、メディアの取材や記者会見で、北京当局との立場関係について説明、北京との経済協議を強調すると同時に、台湾に向けられているミサイルの撤回を求める発言を行った。

 ロイター通信のインタビューでは、馬総統が、北京当局が千基以上のミサイルを台湾に向けていることや、その数量が増え続けていると述べ、台湾人民はこの現状を非常に憂慮していると語った。

 馬総統は、中国当局と平和協議を締結する大前提は、これらのミサイルが撤回または処分されることだとした。

 4年前、中国当局は台湾問題に関連する「反国家分裂法」を制定、台湾に武力行使する可能性を排除していない。それについて、馬総統は、中国当局はこの法律を撤廃すべきと示した。

 一方、台湾国防部(国防省)は20日、09年版「国防報告書(防衛白書)」を発表した。その中で、北京当局が言い出した両岸(中台)平和協議の政治目的について警告している。背後には、米国の対台湾武器販売を中止させ、米台間の軍事交流を中断させ、台湾の軍事力を弱化させる狙いがあると警戒を強めている。

(翻訳編集・叶子)


 (09/10/24 10:30)  





■関連文章
  • オバマ大統領、中国へのミサイル技術の輸出規制緩和(09/10/19)
  • 北朝鮮ミサイル発射、困惑する韓国(09/10/15)
  • 独立系中国語テレビ局、台湾で放送遮断 台政府調査承諾(09/10/08)
  • 台湾、水素エネルギー時代に突入(09/10/08)
  • 台湾東沿岸、M6・3地震(09/10/04)
  • 「テロ関与」で訪台禁止 ラビア氏、馬英九政権に陳謝要求(09/09/28)
  • 台湾大陸委員会、中国の雇用率統計に疑義(09/09/28)
  • 「アジア民主化世界フォーラム」開催、中国の人権問題に注目=ソウル(09/09/19)
  • 熱烈歓迎!花の博覧会へ=台湾観協来日、東京各地でPR(09/09/19)
  • 台湾、陳水扁前総統夫妻に無期懲役(09/09/12)
  • 中国共産党は政権を譲るべき=ダライ・ラマ14世(09/09/07)
  • 李登輝訪日、民主党政権に「中国に惑わされないよう」=東京で講演(09/09/06)
  • 2歳女児、古典経書をすらすら暗唱=台湾(09/09/05)
  • 中国大陸住民、北京当局の司法不当を台湾当局に直訴(09/09/03)
  • ダライ・ラマ、台風被災地の慰問で訪台 与党、面会を拒否(09/09/01)