印刷版   

5日午後5時32分、台湾中部・南投県でM6の地震が発生した(中央社)

台湾中南部、強い地震発生

 【大紀元日本11月6日】台湾中部・南投県で、5日午後マグニチュード(M)6の地震が発生した。震源地に近い南投名間地区の震度はM7に達している。南投県に隣接している各地の震度は、雲林県M6、彰化県M5、台中、嘉義、台南、澎湖、花蓮はM4と測定されている。

 高雄市の震度はM2~3、台湾新幹線「高鉄」(台北―高雄)は一時37列車の運行を見合わせた。一方、彰化県消防局の発表によると、渓湖鎮で500棟が停電した。

 台湾中央気象局地震測定報道センターの呂佩玲副主任は、10年前に発生したM6の「九・ニ一」大地震の震源地も地震の発生地から約20キロメートル離れていたことから、今回の地震に関連しているという見解を示した。

 また、「九・ニ一」大地震の震源の深さが8キロメートルだったのに対して、今回は19・3キロメートルと測定され、放ったエネルギーは当時の100分の1しかないとコメントした。中央気象局はこれから先の1ヶ月間、M5以上の余震発生の可能性があると警告している。

 国防部スポークスマンの虞思祖氏は、災害情報に関しては、まだ不明な部分はあるが、地方政府からの救助依頼に随時応じる態勢は整っていると発表した。今のところ、台中県で女子生徒が、天井からの落下物により軽傷したほか、南投県名間地区の一部の家屋に亀裂が生じ、一部の地区が停電していると報告されているほかは、特に目立った被害は出ていない。

(翻訳編集・余靜)

 (09/11/06 21:50)  





■関連文章
  • 青海・陜西、同日地震発生 被害状況不明(09/11/06)
  • まあ~可愛い! 不思議な三色アカエイ(09/11/04)
  • 「台湾向けミサイル撤回が前提」=馬総統(09/10/24)
  • 独立系中国語テレビ局、台湾で放送遮断 台政府調査承諾(09/10/08)
  • 台湾、水素エネルギー時代に突入(09/10/08)
  • 台湾東沿岸、M6・3地震(09/10/04)
  • 【フォトニュース】地震発生から2日後、救出される女子大生=スマトラ地震(09/10/03)
  • インドネシア、7・6(M)大地震発生 死者100人以上、数千人が瓦礫の下(09/10/01)
  • 「テロ関与」で訪台禁止 ラビア氏、馬英九政権に陳謝要求(09/09/28)
  • 台湾大陸委員会、中国の雇用率統計に疑義(09/09/28)
  • ブータンM6・3地震発生、死者7人(09/09/22)
  • 陜西・甘粛・四川境界、M5・1地震発生(09/09/20)
  • バリ島沖でM6・4地震、負傷者7人=インドネシア(09/09/20)
  • 「アジア民主化世界フォーラム」開催、中国の人権問題に注目=ソウル(09/09/19)
  • 熱烈歓迎!花の博覧会へ=台湾観協来日、東京各地でPR(09/09/19)