印刷版   

中国では、処刑の数が世界一高い。写真は、死刑バスに乗せられる中国人死刑囚(AFP/Getty Images)

日本人3人、中国で処刑  覚せい剤密輸容疑

 【大紀元日本4月10日】麻薬密輸で死刑判決を受けた日本人死刑囚3人が、9日、現地時間の午前9時に遼寧省で処刑された。

 処刑されたのは、武田輝夫(67歳)、鵜飼博徳(48歳)、森勝男(67歳)の三人。

 武田死刑囚は、大連で中国人から覚せい剤5キロを購入。小分けして5人の日本人に渡した。鵜飼死刑囚と森死刑囚らを『運び屋」にした密輸を企てたとされ、2004年6月に拘束された。日本国内では、強盗事件の主犯格とみられており、2003年3月に愛知県警が指名手配していた。

 3人は、2007年に死刑判決を受け、それぞれ瀋陽と大連に収監されていた。8日に現地で親族らと面会したことが伝えられている。

 6日には、同じく中国からの覚せい剤密輸に関わった赤野光信・死刑囚が処刑されている。。

 千葉景子法相は9日、閣議後の会見で「日本の多くの皆さんが司法制度や刑罰法規の違いに反発のようなものを感じている」ことに言及した。

 
(翻訳・叶子)


 (10/04/10 00:16)  





■関連文章
  • ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(87)(10/04/04)
  • 【フォトニュース】日本人2人に建築界最高の「プリツカー賞」(10/04/01)
  • ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(86)(10/03/29)
  • 人権派弁護士・高智晟氏の所在 中国外交部「いるべきところにいる」(10/01/25)
  • 処刑された英国人の遺体確認 中国当局が拒否(10/01/05)
  • 新技術、毛髪から薬物検知感度千倍増=香港(09/12/20)
  • 臓器移植数世界2位 提供源に根強い疑惑=中国(09/08/30)
  • 麻薬常用30年間の米人、麻薬やめた神秘な経験(09/08/21)
  • 銃殺刑廃止 毒物注射処刑拡大か?=中国(09/07/30)
  • 中国湖北省:行政幹部の不正と疑惑の死亡事件、大規模抗議に発展(09/06/23)
  • 感染中国人と同乗、「濃厚接触者」10人に異常なし(09/05/13)
  • 遺体の出所不明、人体の不思議展に禁止命令=フランス(09/04/25)
  • 中国鳥インフル感染:今月報告激減、隠ぺい憂慮する専門家(09/02/22)
  • 中国共産党離脱支援のNPO法人、麻生首相宛てに公開状(08/10/24)
  • 上海:日本人留学生と中国人学生衝突(08/10/23)