香港経済短信 7月11日

2006/07/12 15:00
 【大紀元日本7月12日】

 ○香港市場113ポイント下げ16,500を割る

 火曜の香港市場は周辺市場に影響され、ハンセン指数91ポイント下げで始まり、その後も低迷し最大で126ポイント下げ16,500を割り込んだ。市場関係者によればこのところの上げ持続への調整売りで堅調であることは変わりないとしている。PCCWの取引再開後の価格は8%下げ終値5.1香港ドル。ハンセン指数終値16,490.13下げ113.68或いは0.68%値動き16,477.46-16,568.62出来高241億香港ドル。

 ○チャイナネットコムは梁伯韜(Francis Leung)の株譲渡を歓迎

 PCCW主席李澤楷は91.6億香港ドルでPCCWの23%の株を梁伯韜が購入した事と13.8億の第三者割り当てを公表。チャイナネットコム(0906)のスポークスマン李濤もPCCWの株移動を歓迎する旨の声明を発表。チャイナネットコムはPCCWとの戦略的連携を深めると言う。

 ○HSBC傘下のサウディイングランド銀行純利益51%増加

 HSBCホールディングが40%の株を持つサウディアラビアイングランド銀行は6月期での半年間純利益が50.8%増加して4.8億米ドル、一株あたり1.29ドルになったと発表。サウディイングランド銀行によれば投資収益及び営業外収入が52%増加し、顧客預金残高も増加、貸し出しトラブルもなく資金需要は強いと言う。

 ○香港への海外からの投資増加

 香港投資推進事務所所長盧維思は統計に基づいて香港への海外からの投資が増加を続けている事を述べた。6月までに156件の外資企業が新規開業、事業拡大など投資推進事務所の関与の基に成立。これは今年度目標240件の過半数を既に達成し、前年比8.3%増、4285人の雇用、68.2億香港ドルの投資受け入れが達成された。また香港がアジアでの投資受け入れに関しては高い位置にあり今年第一期だけで直接投資1020億香港ドルを受け入れた事も言明。
関連記事
注目記事
^