印刷版   

米英など同盟軍、サウジ石油施設への攻撃に備え海上警備を展開

 米英などの海軍は、アルカイダが先月サウジアラビアの石油施設への攻撃を予告したことから、攻撃に備えた海上警備を展開している。世界最大の海上石油積出施設であるサウジのラスタヌラ製油所や、バーレーンのバプコ製油所などが対象になっている。

 駐ドバイの英海軍は「得られた情報により、サウジおよびバーレーン軍を支援している同盟軍は、石油施設への海上からの攻撃に備えた部隊を配備した」との声明を発表した。

 サウジアラビアの治安部隊と海軍は戦略上重要な石油施設の警備にあたり、同盟軍が公海上の警戒にあたっている。

 バーレーンの米海軍中央指令部報道官は「同盟軍は慎重な予防措置をとっている。攻撃の可能性に対する湾岸部での海上警備に焦点をあてている」と述べた。

 サウジアラビアの安全保障担当者は、9月11日にアルカイダが攻撃を予告して以降、新たな脅迫はないとし、完全に所定の対応策で「米英、バーレーン、クウェート軍の訓練の一環だ」と話した。

[ロンドン 27日 ロイター]


 (06/10/28 11:55)  





■関連文章
  • サウジアラビア、日本の製油会社に供給削減を通告=業界筋(06/10/23)
  • イスラエル、ガザのエジプト境界付近を再占拠の構え(06/10/23)
  • 省エネ政策が世界のエネルギーの将来を脅かす可能性を警告=サウジ石油鉱物資源相(06/09/13)
  • サッカー=アジア杯予選、日本がサウジに惜敗(06/09/04)
  • イランは武装勢力への支援を止めなければならない=米大統領(06/08/15)
  • 米原油先物が73ドル台に反落、イスラエル・レバノン停戦合意などで(06/08/14)
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • イスラエル軍のレバノン空爆継続で31人死亡、ヒズボラも応戦(06/07/19)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • ライス米国務長官、中東訪問の意向=国務省(06/07/18)
  • イスラエル、人質解放されるまで攻撃を継続=オルメルト首相(06/07/18)
  • イラン、ウラン濃縮停止は交渉の上でのみ検討(06/06/23)
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)