印刷版   

EU、イラン核施設への技術協力要請を却下するようIAEAに求める

 欧州連合(EU)は20日、イラン政府が建設中の実験用重水炉への技術協力を要請している問題で、国際原子力機関(IAEA)に対し、イランの要請を却下するよう求めた。

 IAEA理事会はこれまでイランに対し、アラクの実験用重水炉の建設を再考するよう繰り返し要求してきた。一方イランは計画の推進を表明しており、今回、安全性を確保するための技術協力をIAEAに申請した。

 IAEAは通常、技術協力要請を受け入れるが、今回のイランのケースでは、イランがIAEAの査察を拒否したり、ウラン濃縮停止を求める国連の要求に従わなかった経緯があることから、西側の理事国はイランの要請を却下すべきだとの姿勢を示している。

 EUを代表するフィンランドの大使はIAEA理事会で、「将来、相当量のプルトニウムを抽出し、核拡散のリスクを増大させるような計画に対する技術支援の提供は支持できない」と述べた。

 イランへの技術支援については、米国やカナダ、オーストラリアも反対している。発展途上国は、イランの要請を拒否すれば原子力の平和利用への支援を却下するという前例を作るとして、警戒感を示している。

 [ウィーン 20日 ロイター]

 (06/11/21 11:46)  





■関連文章
  • イランの細菌兵器保有や北朝鮮の開発能力を懸念=BWC米代表(06/11/21)
  • 米中経済安全調査検討委員会、年度報告書発表、米政府に対中強硬姿勢求める(06/11/20)
  • 米中首脳会談、貿易や北朝鮮・イラン問題で協力求める(06/11/19)
  • イラン、ウラン濃縮を続けるなら「経済的に孤立」=米大統領(06/11/14)
  • 米政府、イランとヒズボラを「テロの連鎖」と非難(06/11/13)
  • イラン、原子炉への技術支援をIAEAに要請へ(06/11/10)
  • イラン、ミサイルシステムを友好国と共有する用意=革命防衛隊司令官(06/11/07)
  • 米政府、シリアとイランなどが「レバノン政府転覆を画策」と非難(06/11/02)
  • イラン、OPEC減産合意の履行を確認(06/11/01)
  • NPTの枠組みのなかで核の研究開発を進める=イラン外務省(06/10/30)
  • イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相(06/10/28)
  • 再送:イランが2基目のウラン濃縮装置を設置、今週中にウラン注入へ=通信社(06/10/26)
  • イランの核兵器開発、2015年頃になると予測=独情報当局(06/10/25)
  • イラン、ウラン濃縮用の新たな遠心分離機を稼動=外交筋(06/10/24)
  • イランと北朝鮮の核開発は世界平和への脅威―独外相=雑誌(06/10/19)