印刷版   


イラク政府、今週中にシリアとの国交正常化

 イラク政府は20日、今週中にシリアとの外交関係を全面回復するとの見通しを示した。シリアのムアレム外相がイラクを訪問し、イラクの治安改善のための支援を約束したことに続く動き。

 イラクとシリアは、1980年から1988年まで続いたイラン・イラク戦争でシリアがイラン側についたため、外交関係を絶っていた。1990年代に入って部分的に国交が回復したが、正常化には至っていなかった。

 イラク政府報道官は20日夜、国営テレビに対し「最初のステップは、(シリアの)代表が発つ前に外交関係を回復すること」と指摘した。

 [バグダッド 20日 ロイター]

 (06/11/21 11:42)  





■関連文章
  • イラク高等教育省から拉致の人質、大半が解放(06/11/15)
  • イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官(06/11/13)
  • イラクのマリキ首相、包括的な内閣改造計画を発表(06/11/13)
  • ブッシュ米大統領、イラク政策で方向転換の可能性を示唆(06/11/10)
  • 米民主党指導部、イラク問題で超党派の会合開催をブッシュ大統領に要請(06/11/10)
  • 中国交通銀行、07年上期にA株を発行し25億ドル調達する計画=中国紙(06/11/09)
  • 米国のイラク政策、うまくいっていない=ブッシュ大統領(06/11/09)
  • 日本の対イラク復興支援に変更はない=米中間選挙で安倍首相(06/11/09)
  • フセイン元大統領に死刑判決、シーア派住民殺害で(06/11/06)
  • 日本企業、ナシリヤでの油田開発に関心=イラク石油相(06/11/02)
  • 米国防長官に大統領任期満了まで続投を期待=ブッシュ大統領(06/11/02)
  • 米政府、シリアとイランなどが「レバノン政府転覆を画策」と非難(06/11/02)
  • イラク、多国籍軍の駐留延長を国連安保理に要請へ(06/10/31)
  • 米国の協力あればイラク軍は半年で治安回復できる=マリキ首相(06/10/27)
  • ブッシュ米大統領、イラク政権への支持を表明(06/10/26)