印刷版   

米国、ドイツの温暖化ガス排出削減案拒否へ=声明草案

ドイツで6月初めに開く主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)の声明草案によると、米国は、ドイツがサミットで合意を目指す地球温暖化対策としての二酸化炭素排出量削減への厳しい措置について、拒否する姿勢を示している。

 ロイターが入手した声明草案によると、米国は声明草案の冒頭部分に赤文字でコメントをつけ「われわれは『慎重に進めるよう』取り組んでいるが、ドイツの立場に米国が根本的に対立していることを考慮すれば、これ以上進めるのは難しい」と指摘。気候変動への対応が、米国の総合的な立場と違っており、複数の点で合意できないとの見解を示した。

 
[ロンドン 25日 ロイター]

 (07/05/26 14:36)  





■関連文章
  • ドイツ経済、自力で成長している兆候=財務省(07/05/24)
  • ドイツの少女、部屋の片付けに警察の助け求める(07/05/22)
  • 米国、サミット宣言案で地球温暖化の緊急性訴える部分の削除要求(07/05/22)
  • 南極氷原の解氷、30年来最大規模(07/05/20)
  • 英国救済団体:今後40年間、世界で10億人が難民移動(07/05/17)
  • 台湾総統、無条件で胡総書記の訪台を歓迎(07/05/17)
  • 中国:環境汚染で3千社が強制閉鎖、進まぬ改善策(07/05/10)
  • ドイツで警察署の監房の錠が壊れ、鍵師を呼ぶ(07/05/04)
  • 北極の氷冠、従来予想より30年早く溶ける可能性=米専門家(07/05/02)
  • ドイツの携帯電話泥棒、ビールにつられて逮捕(07/05/01)
  • 気候変動に関する国際会議、中国の要求で難航も(07/05/01)
  • 独ラジオ局、ローマ法王80歳の誕生日にラテン語放送(07/04/16)
  • 中国、G7の世界経済に関する議論に参加せず=ドイツ財務省当局者(07/04/11)
  • ベルリンの壁の一部、撤去され姿消す=新聞(07/04/09)
  • 95歳のドイツ人女性の機転で連続窃盗犯逮捕(07/04/06)