印刷版   

迫る砂漠化に畑を脅かされる中国甘粛省敦煌の農民(AFP)

土地砂漠化深刻、2億2千万人に被害=中国林業局

 【大紀元日本6月12日】中国国家林業局はこのほど、砂漠化した土地を初めて監査測定し、現在中国の砂漠化はすでに8の省・区、460の県・市・区におよび、被害者は2億2千万人に上ると発表した。

 新華ネットによると、貴州省畢節市で開かれた「中国(畢節)の砂漠化および生態整備高層論壇」で、自然要因および人為的要因が中国の砂漠化をもたらしたとし、これらの要因によって砂漠化した土地は砂漠化土地総面積の26%および74%を占め、人的要因はすでに中国砂漠化土地形成の主要原因だ。

 監査測定結果によると、中国砂漠化土地面積は約1296万ヘクタールで、潜在的に砂漠化になる可能性のある土地面積が1238万ヘクタールだとし、貴州省、広西省、雲南省等8の省・区を及び、460の県・市・区におよび、被害者は2億2千万人に上るという。

 中国国家林業局の祝列克・副局長は、カルスト地区の経済は遅れていて、人々の生活に必要とされるエネルギーは薪(まき)に頼っているため、薪の伐採は植物が破壊される主な原因だと指摘した。また、山が多く平地が少ないカルスト地区では、土地改良措置および科学的な耕作・植え付け方式に欠けている上に、大型で集中的に降る雨は土壌が浸食され、土地の砂漠化をもたらすと分析した。

 祝氏は、耕地面積が少ないため、地元の民衆は林を切り倒して広大な耕地面積を開拓したが、土地改良措置を施さなかったため、開拓された新しい土地は深刻な土壌流出問題が発生。多くの場所は土壌が押し流されて、石が露出したほどだ。その他に、乱れた伐採、放牧もこれら地区の森林面積が減少し、地面の保護を失い、砂漠化を加速させた原因だ。

 林業局の統計によると、人的要因より砂漠化した土地のうち、薪を過度に伐採したための土地は31・4%を占め、不合理な耕作が原因で砂漠化した土地が21・2%で、開拓では15・1%、乱伐採が13・4%で、過度な放牧により砂漠化した土地は8・2%を占め、さらに、鉱物の乱開拓および無計画な建設は10・7%を占めているという。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/06/12 05:56)  





■関連文章
  • アジア熱帯雨林の破壊深刻、地球は「超」危機に直面(08/04/30)
  • 中国貴州省:人権聖火を歓迎する民衆(08/04/10)
  • 中国の深刻な砂漠化、北京に迫る砂丘(08/02/24)
  • 中国貴州省:一家5人が溺死(08/02/15)
  • 大雪で400万人が孤立=中国貴州省(08/02/04)
  • アマゾンの森林面積が激減(08/02/04)
  • 貴州、湖南、雲南各省で、雪害による大停電(08/01/31)
  • 2008年春季の北京:黄砂日数、昨年より増加の予測(08/01/06)
  • 四川省:加速する砂漠化、200以上の湖が枯渇(07/10/10)
  • 中国貴州市タイヤ工場、農民工の過酷な労働(07/09/27)
  • 民が官を訴える話(07/09/24)
  • 韓国文部省、学生の肥満傾向に歯止め(07/09/11)
  • 男女産み分けの秘薬=中国貴州省(07/08/04)
  • 中国・廃棄紙リサイクル産業の功罪=環境保護団体(07/07/22)
  • 深刻な干ばつ、農地132万ヘクタール耕作不能=中国黒竜江省(07/07/02)