印刷版   

(TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images)

タイタニック号のライフ・ジャケットがオークションに=米国

 【大紀元日本6月20日】アメリカで近日オークションに出される「タイタニック号」のライフ・ジャケットが米ニューヨークで一般公開されている。

 公開されたのは、1912年に沈没したタイタニック号の遺品で、6つ発見されたライフ・ジャケットのうちのひとつ。ジョン・ジェイムス・ダンバー氏(John James Dunbar)がカナダ・ハリファックス(タイタニック沈没場所に近い町)で収集し、その後はダンバー氏の子孫が受け継いでいったという。

 コルクと木綿でできたベストは、6万ドル‐8万ドル(640万円-865万円)になると推定されている。シンプルなつくりで、水と油の染みがある。綿素材でできた裏地はボロボロで、中身のコルクが剥き出しになっている。

 海事専門家のグレッグ・ディートリッヒ氏(Gregg Dietrich)は、このベストは沈没時の犠牲者が着ていたものではなく、救援部隊が着用していたか、もしくは水から拾い上げたものだと推定している。海水や怪我などでダメージを受けた犠牲者は、皮膚がベストに密着していることが多く、レスキュー隊がまず肩のストラップを切断してからベストを脱がせるのが慣用になっているが、このベストにはそのような痕がない。また、コルク入りのベストは極めて重く、ベストを来た被災者が海から上がってくると、ベストは突然上に上がり、その勢いでアゴの骨を折ってしまう人が多かったという。

 ディートリッヒ氏によると、タイタニック号のライフ・ジャケットは、その99パーセントが「偽物」。そっくりな代物が、美術館のお土産ショップに堂々と売られているという。

 このベストは、オークション・ハウス「オーシャン・ライナーズ(Ocean Liners)」のコレクションの一部で、その他には当時12歳の生還者が事故の現場について書いたエッセイや、無線機で発信された生還者からの通信文などが含まれている。

 
(記者:クリスティーン・リン)


 (08/06/20 07:56)  





■関連文章
  • 中共の歪曲報道:愛国感情を逆手に、法輪功に濡れ衣を着せる(08/06/01)
  • 北極圏棚氷に大規模亀裂発生、溶解進行の懸念(08/05/26)
  • 【神韻芸術祭】佛教芸術研究家、佛様の天国世界に感動(08/05/20)
  • カナダ首相ら、法輪功の記念日に祝賀状(08/05/14)
  • オリンピック開催前、中国当局による法輪功迫害を非難=カナダ(08/05/12)
  • カナダ・ホッキョクグマ絶滅の危機に直面(08/04/22)
  • ブッシュ大統領、五輪開幕式不参加可能性排除しない(08/04/10)
  • カナダ首相、北京五輪開幕式に不参加(08/04/08)
  • カナダ大手玩具製造メーカー、中国製玩具240万個の回収を発表(08/03/20)
  • 「中国人権と2008五輪」フォーラム、国際要人ら100人が参加=台北(08/02/25)
  • 【神韻芸術】カナダ巡回公演、文化大臣ら政界重鎮が祝賀(08/02/03)
  • カナダのテレビ局、町から女性が消えたらどうなるか実験(08/01/26)
  • 恐怖から希望へ、明らかにされる本来の中国=マイケル・マホネン(08/01/19)
  • 【神韻芸術】「文化と道徳の価値観」を重視した芸術公演=カナダ・文学賞作家(08/01/15)
  • カナダの冬を満喫: 自然と温泉の旅(08/01/02)