印刷版   

鎮痛剤「セレブレックス」(Getty Images )

米有名医師が論文捏造、数百万人に影響

 【大紀元日本3月19日】麻酔学の月間専門誌『麻酔学ニュース』(Anesthesiology News) の掲載記事によると、マサチューセッツ州の有名麻酔医であるScott S. Reuben氏はこれまでの13年間、21の論文と臨床試験のデータを捏造した疑いをもたれたという。同氏の研究成果が医学界で広く採用されているだけに、麻酔学界に大きな衝撃を与えた。

 マサチューセッツ州のベイステイト医療センターに勤務する同氏はこれまで、術後の痛みを軽減し、早い回復を促すために複数の鎮痛剤を使用する多面的鎮痛治療(multimodal analgesia)に関して、数十本の論文を発表してきた。昨年5月、同センターは研究報告に関する定例審査の中で、同氏が発表する予定の研究結果が内部の審査機構を経ていないことが分かった。これをきっかけに、同氏がこの13年間に発表した21の論文を調査したところ、一部または全部のデータが捏造されたものであると判明した。

   調査によると、多くのデータは臨床試験を実施されておらず、患者さえいなかったという。医療センターの調査結果を受け、幾つかの医学雑誌は同氏の論文を掲載しないことを決めたという。

   麻酔専門誌『麻酔と鎮痛』の編集者は、「これは麻酔分野での最大の捏造事件。彼の研究成果が多くの医師によって広範囲に使用されたため、事件の影響は計り知れない」とコメントした。また、常に注目されている痛みという研究分野で、なぜ捏造が13年も続いているのに、発覚しなかったのかと同州総合病院の麻酔科専門家は首をかしげている。

 同氏の一部の論文に世界最大手の製薬会社ファイザーの鎮痛剤も言及されているため、ファイザー側はこれらの鎮痛剤に関する研究に参加していないと関与を否定した。

 

 
(翻訳・編集/高遠)


 (09/03/19 07:27)  





■関連文章
  • 中国社会科学院白書:深刻な就職難、社会不安増大(08/12/19)
  • 中国生物科学者、スパイ罪で死刑執行(08/12/01)
  • 美と調和の数式:黄金比(08/11/29)
  • 【党文化の解体】第2章(25)「実証科学の限界性」(08/10/17)
  • 【党文化の解体】第2章(24)「実証科学は宇宙の法則を探求する唯一の方式ではない」(08/10/04)
  • 【党文化の解体】第2章(23)「神に対する信仰は、科学研究の妨げにはならない」(08/09/27)
  • NYフラッシング事件=中共工作員、自作自演の暴行罪で逮捕(08/09/14)
  • 四川大地震前の異常現象続出、予知情報を握りつぶした疑惑(08/05/13)
  • 米国の国鳥ハクトウワシから危険なレベルの化学物質(08/05/13)
  • ニュージーランド最大の氷河、完全消失の危機(08/04/27)
  • 気候変遷が農業危機をもたらす=科学者の警告(07/11/29)
  • 遺伝子治療の新しい挑戦(07/10/31)
  • 意識と肉体の分離実験に成功=欧州の科学者(07/10/03)
  • 人間性を備えた科学の先端技術(07/09/11)
  • 国際研究チーム、身長を左右する遺伝子を発見か(07/09/05)