スー・チー氏、弁護士と初の面会 クーデター後の拘束以来

2021年5月24日 20時20分

[24日 ロイター] - ミャンマー国軍によるクーデターを受け拘束されたアウン・サン・スー・チー氏(75)が24日、2月1日のクーデター発生以来初めて法廷に姿を見せた。弁護団が明らかにした。

スーチー氏は弁護団と30分面会。ミン・ミン・ソー弁護士によると、健康状態に問題はなさそうだったが、新聞を読むことは許されず、外で起きていることを一部しか知らなかったという。

スーチー氏は無線の不法所持や国家機密法違反など、14年の禁錮刑に相当する容疑をかけられている。

弁護団によると、スー・チー氏は国民の健康を祈ったといい、同氏が率いる国民民主連盟(NLD)については、近く解散となる可能性があるものの、「われわれの党は国民から生まれたので、国民が支持する限り存在する」と述べたという。

この日の審問は被告に弁護士との面会を認めるためのもので、審理は6月7日まで中断される。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^