印刷版   


全米映画興行収入=W・スミス最新作「幸せのちから」が初登場首位

 12月15―17日の全米映画興行収入ランキングは、ウィル・スミスの最新作「幸せのちから」が2700万ドルで初登場首位に立った。

 ファンタジー大作の「エラゴン 遺志を継ぐ者」が2340万ドルで2位、ファミリー映画「シャーロットのおくりもの」が1200万ドルで3位と、初登場作品が上位を独占した。

 南極で暮らす皇帝ペンギンたちが歌って踊るCGアニメ「ハッピー・フィート」は4位に、先週初登場首位だったメル・ギブソン監督の最新作「Apocalypto(原題)」は6位にそれぞれランクダウン。

 「007」シリーズの最新作「007/カジノ・ロワイヤル」は8位と、トップ10内に残った。

 [ロサンゼルス 17日 ロイター]

 (06/12/19 13:50)  





■関連文章
  • 全米映画興行収入=「ハッピー・フィート」が初登場首位(06/11/21)
  • ジェームズ・ボンド最新作、16日に英国で公開(06/11/13)