印刷版   

バーツが対ドルで下落、投機抑制策めぐる混乱で売り続く

 21日のアジア外為市場で、タイバーツが対ドルで下げている。投資家は、タイ中銀が導入したバーツへの投機抑制策をめぐる混乱を受けて、引き続きバーツを売っている。

 シンガポールのトレーダーによると、バーツはオーバーナイトで約1カ月ぶりの安値となる1ドル=36.51バーツまで下落した。

[シンガポール 21日 ロイター]

 (06/12/21 15:14)  





■関連文章
  • ジュリア・ロバーツ、黒のスーツでプレミア試写会に(06/12/12)
  • 中国臓器狩り:日本・韓国・台湾など91人が参加、CIPFGアジア支部結成(06/12/12)
  • アジア大会=柔道、上野が優勝(06/12/04)
  • アジア大会=競泳、山本と中村が金メダル(06/12/04)
  • チェスの選手にも薬物検査、効果のほどは・・・(06/11/30)
  • アジア大会の男子サッカー、日本がパキスタンに辛勝(06/11/30)
  • アジア大会でキムチ没収、韓国選手団の成績に影響も(06/11/28)
  • アジア18ヶ国、鉄道ネットワーク協定に調印(06/11/12)
  • 中国民主活動家・魏京生氏、国会議員らと懇談、日本の重責強調(06/10/29)
  • ユーロ/円が上昇、ユーロ導入来の高値=東京外為市場(06/10/27)
  • 北朝鮮核実験によるアジア情勢の変化=台湾紙(06/10/19)
  • ライス米国務長官、17─22日に日中韓を訪問へ(06/10/14)
  • 米国:アフリカ、アジアからの帰国旅行者にチクングニヤ熱(06/10/03)
  • アジア民主同盟、米国会議事堂で誕生(06/09/23)
  • タイ経済とバーツは、軍事クーデター後も安定している=中銀総裁(06/09/21)