南北閣僚級会談、ソウルで開幕

2007年05月30日 13時44分
 【大紀元日本5月30日】北朝鮮の政府代表団が5月29日、韓国を訪れ、南北閣僚級会談が開幕した。今回の会談の主旨は、韓国との関係を和解させるためとみられる。代表団団長は内閣責任参事・権浩雄氏、29日にソウル近郊のインチョン国際空港に到着した。会談はソウル弘恩洞グランドヒルトンホテルで開かれ、6月1日に終了する見込み。米国VOAが報じた。

 北朝鮮への食糧援助問題が今回の会談の主要テーマとみられる。韓国政府は5月末から、北朝鮮にコメ40トンの提供に承諾していたが、金正日政権が今年2月の六カ国協議での約束を遵守せず、最終期限の4月までに寧辺地区の主要原子炉を撤廃しなかったため、韓国政府がコメ支援を遅延していた。

 一方、金正日政権は、マカオの銀行に凍結されている2500万ドルの資金を獲得しない限り、原子力施設を撤廃しないと出張し始めている。

 韓国慶南大学の北朝鮮問題研究院の柳吉載(音読み)院長は、「韓国政府は、北朝鮮のコメ援助の要求に譲歩する可能性が低い」と分析、「韓国の政治環境により、北朝鮮が2月の承諾を履行しない限り、韓国政府が援助を提供できない」とみている。

 その理由について、同院長は以下のように分析した。

 「コメ援助の問題はすでに韓国社会が注目している。与党反対派を含め多くの韓国人は、『過去数年間において、ソウルが提供した援助および北朝鮮への経済発展の支援プロジェクトで、韓国側が得た成果が極めて少ない』と不満を漏らしている。金正日政権が去年10月に核実験を行ったことも、さらに韓国人はこの認識を強めた」という。

 中国外交部の報道官は5月29日、「米国の北朝鮮核問題の交渉責任者、ヒル国務次官補が5月30日に北京を訪問し、米中関係および北朝鮮の核開発問題などについて、中国当局と議論を交わす」と公表した。

 

関連キーワード
^