印刷版   

インドの鉄道、立ち往生して乗客が車両を後押し

 インド東部ビハール州で15日に鉄道が立ち往生し、運転士が乗客らに車両を押すよう頼んでいたことが分かった。鉄道当局が16日に明らかにした。下車した乗客らは、電車が架線と接触する場所まで移動させるため、30分以上かけて車両を約4メートル押したという。

 電車は、1人の乗客が緊急用チェーンを引っ張ってしまったことが原因とみられている。

 インド鉄道当局のスポークスマンは「鉄道のサービスに長年携わってきましたが、こんな奇妙は出来事は初めてです」と述べた。

 1日1500万人以上に利用されるインドの鉄道だが、安全性が批判の対象となることも少なくない。

[パトナ(インド) 16日 ロイター]

 (07/05/17 11:37)  





■関連文章
  • インドネシア:鳥インフルエンザに感染、女性死亡(07/05/09)
  • インド航空「キング・フィッシャー」、エアバスと契約合意(07/05/08)
  • インド映画、日本人女性との「メル友」恋愛が題材に(07/05/02)
  • インドで、泥酔した花婿の代わりに弟が結婚(07/05/01)
  • R・ギア、インドでのキス騒動終結を希望(07/05/01)
  • 北京五輪「聖火リレー」に物申す(07/05/01)
  • インドルピーが9年ぶり高値に上昇、1ドル41.575ルピーを突破(07/04/24)
  • インドネシアとカンボジアで、鳥インフルエンザ患者が相次いで死亡(07/04/12)
  • インド・ボンベイでファション・ショー(07/03/30)
  • 中国江西省鷹潭市:行政区画整理反対の市民集団抗議、鉄道・道路一時通行麻痺(07/03/24)
  • インドで「血を流す」キリストの絵が話題に(07/03/22)
  • インドネシア:鳥インフルエンザ感染、66人目の死亡症例(07/03/21)
  • 速報:賈甲氏、釈放される(07/03/16)
  • 7分ごとに、妊婦1人が合併症で死亡=インド(07/03/16)
  • インドの警察、新制服は「花の香り付き」(07/03/15)