印刷版   

サウジの供給抑制継続で原油が急反発=欧米市場

 週明け11日の米国およびロンドンのエネルギー市場では、先週末に急落していた原油の代表油種がそれぞれバレル当たり1ドル前後急反発した。石油輸出国機構(OPEC)に増産する意思がないことが確認されたとの見方が広がったことや、イランの核開発をめぐる問題に対する懸念が尾を引いていることが背景。

 サウジアラビアはこの日、アジアや欧州の顧客に対し、7月も供給水準の抑制を継続すると通告した。

 ロンドン市場の北海ブレント原油先物は、先週末8日には経済成長減速への懸念から他の商品相場に連れ安し、1バレル=2.62ドル下落していたが、この日は同0.87ドル反発し、69.56ドルで取引を終えた。米原油先物も同1.21ドルの大幅反発となり、65.97ドルで引けた。

 また、金利をめぐる先行き不透明感から先週後半に急激な下げを演じていた他の商品相場もほぼ全面高商状となり、ニューヨーク市場の銅先物7月限は3%急伸した。

 ロイター/ジェフリーズCRB指数(原油など19商品の先物相場で構成)は1.48%上昇、S&P・GSCI商品指数も1.72%上伸した。

[ニューヨーク 11日 ロイター]

 (07/06/12 09:36)  





■関連文章
  • 原油の供給不足と価格上昇を警告=イラン国営石油会社(07/06/02)
  • 原油価格高、世界経済見通しに明確に影響せず=IMF報道官(07/05/25)
  • 中国は一層の弾力的相場制度に取り組むべき=塩崎官房長官(07/05/21)
  • 中国、パナマ偽風邪薬中毒死事件との関連認める(07/05/12)
  • 米下院民主党、円と人民元の上昇促す法案成立目指す(07/05/10)
  • 中国、世界に蔓延するニセ薬の一大出所=NYT紙(07/05/09)
  • ユーロが対円で最高値、160円を上回る水準=EBS(07/04/11)
  • ニューヨークで5千人パレード、迫害停止と「脱中共」支援訴える(07/04/10)
  • サウジのアルワリード王子、中国消費・エネルギー部門への投資も視野(07/04/06)
  • G7で円について協議される可能性高い=カナダ財務相(07/04/03)
  • 米海軍、イラン軍がペルシャ湾で米艦艇に発砲とのうわさを否定(07/03/28)
  • 金現物が上昇、イラン核問題めぐる緊張の高まりで(07/03/26)
  • 中国、数カ月以内に株価指数先物の取引を開始へ(07/03/19)
  • 中国の利上げ観測強まる、人民元は切り上げ後最高値(07/03/17)
  • 中国が必要な外貨準備は6000─7000億ドル=全人代常務委副委員長(07/03/07)