印刷版   

地球に似た惑星を発見=欧州

 【大紀元日本6月20日】今月16日にフランスで開かれた国際会議で、ヨーロッパの天文学者らは一群の巨大地球型惑星「Super Earth(スーパー・アース)」を発見したと発表した。この発見により、同チームは地球に似た惑星が宇宙に多くあるだろうと推定している。
発見された「スーパー・アース」のイメージ画像(Martin Bernetti/AFP/Getty Images)
ロイターが17日伝えた。

 今回、南米・チリにある高性能望遠鏡で発見された3つの惑星は、地球から42光年離れ、太陽より質量がわずかに少ない恒星の周りを回っている。惑星の質量はそれぞれ地球の4・2倍、6・7倍、9・4倍。それらの軌道周期は地球に比べてとても早く、それぞれ4日、10日、最も長いのが20日である。

 現在までに270あまりの「太陽系外惑星」が発見されているが、そのほとんどが木星や土星に似た大型惑星ばかりだった。地球に似たサイズの惑星は、発見が難しいとされている。

 同チームはこれまでに、地球の7・5倍の質量で、HD181433と呼ばれる恒星を9・5日で一周する惑星や、地球の22倍の質量で、4日の周期で軌道する惑星などを発見している。

 
(翻訳・編集=田中)


 (08/06/20 08:02)  





■関連文章
  • 世界8分の1の鳥類 絶滅の危機に直面(08/05/21)
  • 国際メディアよ、情報封鎖からミスリードを狙う中共政権に注意せよ(08/05/19)
  • 中国のCO2排出量、過去の予測より最悪=米研究(08/04/21)
  • 火星表面、「馬の蹄」砂丘発見(08/04/19)
  • 太陽系外に地球に似た惑星発見=スペイン(08/04/14)
  • 地球を見る=10大衛星写真(08/04/13)
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • 日本の研究チーム、「折り紙」飛行機を宇宙から地球へ(08/02/08)
  • ヴァージン・グループ会長、来年就航目指す宇宙船のモデルを発表(08/01/24)
  • 2008年春季の北京:黄砂日数、昨年より増加の予測(08/01/06)
  • 「タイム」誌:2007年世界十大科学発見(07/12/19)
  • 月は人工の物体である=科学者の推測(07/12/15)
  • 悪化する地球生態、人類生存に脅威(07/10/27)
  • 地球温暖化 数百年内に生物の半数絶滅の恐れ(07/10/26)
  • 欧中宇宙開発協力、最新技術漏洩を憂慮する米国(07/10/13)