印刷版   

沿海汚染深刻化 貝類に有害物質多く残留=中国

 【大紀元日本3月15日】中国国家海洋局が先日、「2009年中国海洋環境質量公報」を発表した。それによると、09年、中国海域内での水質汚染面積はおよそ14万7千平方キロメートルに達しており、大・中都市の沿岸水域の汚染が深刻化、海洋環境が楽観視できない状況だという。

 汚染が深刻な海域は主に遼寧湾、渤海湾、莱州湾、長江河口、杭州河口、珠江河口と一部大・中都市の沿岸水域。主な汚染物質は無機窒素、可動性リン酸塩や石油類である。一部の海域には重金属や石油類が沈殿し汚染源となっており、貝類に残留する汚染物質の量も依然高い。

 これらの海域に生息している貝類に残留する汚染物質は、鉛、カドミウム、DDT殺虫剤などが含まれている。中でも鉛の残留量は基準値を50%も超えており、カドミウムとDDTの残留量も基準値を40%上回っていると、英字紙「中国日報」は伝えている。

 人体に過度の鉛を吸収すると、血液や神経系統にダメージを与える。DDTは、WHOが中度の危険性がある殺虫剤だと指定している。

 中国海洋環境質量公報によると、中国沿岸海域における生態系統の環境悪化は依然として深刻状態にあり、18の生態観測区内の21か所の沿岸海域の生態環境の中で、76%が汚染基準を超えているという。

(翻訳編集・坂本)


 (10/03/15 06:11)  





■関連文章
  • 米国:カドミウム含有の中国製ペンダント、5・5万本回収(10/02/02)
  • カドミウム、新たな中国産有毒製品問題(10/01/22)
  • 西安市の兄弟、新型鉛蓄電池の開発に成功(09/08/12)
  • 化学工場のカドミウム汚染で中毒死、村民が連日抗議=湖南省(09/08/08)
  • 米大手玩具メーカー:鉛含有玩具の輸入で、2億円以上の罰金で和解(09/06/07)
  • 肝油、魚油から鉛やヒ素が検出=香港(08/10/21)
  • 広がり続ける中国の「死海区」(08/09/19)
  • 大脳に有益な食品と有害な食品(08/08/28)
  • 北京五輪: 金メダルに有害物質の噂(08/08/23)
  • 中国製玩具4種類、米政府再びリコール(08/06/03)
  • 幼児の血中鉛濃度、成長後の犯罪率に関係(08/05/29)
  • 米ニューヨーク州、中国製玩具50万件リコール(07/11/24)
  • 化学精錬工場付近で、村民千人以上が鉛中毒=中国湖南省(07/11/18)
  • 中国製電動アシスト自転車、2万台リコール=米国(07/10/11)
  • 中国製ブレスレットで男児中毒、20万個のリコール=米国(07/09/26)