■大紀元について

大紀元時報―変転する世界に斬新な視点


大紀元の使命―読者の立場を最優先

 弊社は、紙上やウェブサイトにおいて独立した報道機関です。責任ある、誠実な報道により、読者の生活向上と世界並びに近隣諸国に対する敬意と理解の深化を目指します。わたしたちの報道姿勢は、普遍的な人間の価値観、権利、自由を支持しています。わたしたちは事業全般にわたり、読者の立場に立つことを最優先しています。

■大紀元の価値観―人間の基本的な権利を擁護


 弊社は人間の基本的権利である報道・言論・集会の自由を擁護し、すべての人に信教の自由とあらゆる人権を強く支持しています。

 弊社は、抑圧され、自ら発言できない人々のために声を上げ、対立する人々に対話を持ちかけ、共通の人間性や他人の権利を真に尊重できる善なる心を表出しようと努力しています。

 弊社の報道は、その場限りの扇情的なものではなく、永続的な意義付けという観点から取り組んでいます。また長期的な展望に立って、人類の歴史と未来をみつめています。

■大紀元の強み―独立系の報道機関ならではの中国情報

 めまぐるしく変転する世界で、時流を読み解くために信頼できる情報を求めています。世界情勢の的確な理解と相互の尊重により、人々の生活に良い影響を与え、ほかでは得られないニュースを報道すべく努力しています。

 弊社の強みは中国の真相報道です。今日、世界はますます中国に関心を向けています。というのも、さまざま問題を抱えた巨大国家は、過去に甚だしい変化を経験しているからです。政財界のトップだけでなく、世界の民衆も中国でなにが起こっているのかを知りたがっています。これらは弊社グループのしっかりとした情報ソースのオリジナル報道により、提供できます。

■大紀元グループ―世界30ヶ国に広がるネットワーク


 弊社は、ニューヨークに本部を置く報道社であり、世界各地のグループ社が的確にローカルニュースを報道し、グローバル・ネットワークを形成しています。弊社は、いかなる傘下にも入らず、独立していますので、広範囲な報道と多様性ある見解を提供できます。

 アメリカ国内に11の支社を持ち、日本やカナダ、イギリス、ドイツなど、世界30カ国にグループ社があります。アメリカのワシントンDCやニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ボストン、カナダ、オーストリア、香港、台湾では、日刊を、他では週刊発行しています。現在、全世界での中国語版の発行は週120万部にのぼります。さらに、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、韓国語版も発行し、この6月より日本語版が創刊されます。

■大紀元のあゆみ


 大紀元時報日本版(中国語)は2001年1月に創刊しました。日本国内のニュースのほか、中国大陸や香港、台湾などをはじめとする海外の国際ニュース、政治、経済、華僑生活、流行の話題、日中文化交流、健康、歴史、科学、女性生活、家庭、教育など多くの分野における情報をバランス良く伝えることで、幅広い年齢層の読者獲得に努めるとともに、日本文化の紹介なども含め、日中の文化の架け橋として、国際的文化交流の場を提供しています。

 昨年11月に発表された大紀元連載社説『九評共産党(共産党についての九つの論評)』は、中国共産党の本質を暴き、瞬く間に全世界で話題騒然となり、中国大陸を中心に脱党の奔流の源となりました。日本においても、その反響は大きく、本年4月の反日デモ、台湾の独立を阻止した反国家分裂法など、日本社会において真実の中国情報が渇望されるなか、4月24日、大紀元時報日本語版春特別号が発刊され、6月には隔週刊の創刊号が発刊されます。

 弊社は、未来を展望し、さらなる発展を遂げることを誓います。

2005年6月
 

◆連絡先:
     <本社>
        〒116-0014 東京都荒川区東日暮里4丁目33番7号
        Tel. (03) 6806−8901(代表) Fax. (03) 3801−7612
     <大阪事務所>
        〒530-0041 大阪市北区天神橋3-1-43 東邦ビル
        Tel. (06) 7500−6802  Fax. (06) 7500−6802