印刷版   


公取委がソフトバンクモバイルに携帯電話の新料金について説明求める=関係筋

 公正取引委員会が、ソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート)の携帯電話子会社ソフトバンクモバイルに対し、同社が26日に導入した新料金プランの説明を求めていたことが明らかになった。関係筋がロイターに述べた。

 同関係筋によると、1)割賦で端末を販売する手法が複雑、2)加入者同士なら通話とメールが無料になるという広告に書かれた条件の記載が小さすぎる──などの点が問題視されているという。

 ソフトバンクモバイル広報部は「説明を求められたのは事実。ただ、詳細はわからない」としている。一方、公取委の担当者は「個別事案については答えられない」としている。

 [東京 31日 ロイター]

 (06/10/31 13:59)  





■関連文章
  • ソフトバンクが携帯電話契約システムを見直し、処理能力を2倍に(06/10/31)
  • ソフトバンク新料金、早期追加利上げに逆風との見方も(06/10/24)
  • ソフトバンクが携帯新料金プラン、加入者同士で原則「かけ放題」(06/10/24)
  • 9月の携帯電話純増数、KDDIが2カ月連続トップ=電気通信事業者協会(06/10/07)
  • 携帯電話の番号ポータビリティ制度、10月24日に開始=ロイター(06/08/08)
  • インタビュー:光回線契約者数、首都圏単月シェアを来年度に5割へ(06/07/20)
  • ワン・リーホン、携帯電話の記者発表会に登場(06/07/18)
  • 三菱総研と楽天調査:携帯電話と音楽プレーヤーの統合、4割が望む(06/07/07)
  • 中国移動、親会社幹部の反対でミリコム買収を断念(06/07/04)
  • ノキアと独シーメンス、電話機部門統合を発表(06/06/19)
  • KDDIが399万人の顧客情報を流出、経営責任は後日発表(06/06/14)
  • 三洋電機、au向け携帯電話の約50万台でソフトウェアを改修(06/06/06)
  • 王貞治氏「日本帰化は念頭にない」(06/04/20)
  • インド:中産階級年間1000万人増加、消費力の驚異的な増大(06/03/13)
  • アジア・インターネット言論自由度調査、中国最下位(06/01/12)