印刷版   

9月の携帯電話純増数、KDDIが2カ月連続トップ=電気通信事業者協会

 電気通信事業者協会(TCA)がまとめた9月の携帯電話契約数によると、新規から解約を差し引いた純増数は、KDDI(9433.T: 株価, ニュース, レポート)が16万0800台で2カ月連続の首位となった。このうち「au」は31万2500台の純増、「ツーカー」は15万1700台の純減だった。NTTドコモ(9437.T: 株価, ニュース, レポート)は12万6300台の純増だった。

 10月1日にソフトバンクモバイルに社名変更した旧ボーダフォンは、2万3400台の純増だった。同社は9月1日、プリペイド式携帯電話の番号有効期間を利用終了後180日間から360日に延長。そのぶん解約者数が減少し、純増数を押し上げたとみられている。

 PHS最大手のウィルコムは、6万9700台の純増だった。

 
[東京 6日 ロイター]

 (06/10/07 17:22)  





■関連文章
  • 携帯電話の番号ポータビリティ制度、10月24日に開始=ロイター(06/08/08)
  • インタビュー:光回線契約者数、首都圏単月シェアを来年度に5割へ(06/07/20)
  • ワン・リーホン、携帯電話の記者発表会に登場(06/07/18)
  • 三菱総研と楽天調査:携帯電話と音楽プレーヤーの統合、4割が望む(06/07/07)
  • 中国移動、親会社幹部の反対でミリコム買収を断念(06/07/04)
  • ノキアと独シーメンス、電話機部門統合を発表(06/06/19)
  • KDDIが399万人の顧客情報を流出、経営責任は後日発表(06/06/14)
  • 三洋電機、au向け携帯電話の約50万台でソフトウェアを改修(06/06/06)
  • インド:中産階級年間1000万人増加、消費力の驚異的な増大(06/03/13)
  • アジア・インターネット言論自由度調査、中国最下位(06/01/12)
  • 外国人が驚く中国の真実(06/01/01)
  • 中国:全国で2800箇所、携帯電話の発信電波を監視(05/12/10)
  • 中国:情報管制、携帯通信ネットワークも(05/10/12)