印刷版   


初の党首討論、大局的な観点から考え方ぶつけ合った=安倍首相

 安倍晋三首相は18日、民主党の小沢一郎代表との就任後初めての党首討論について「大局的な観点から相互に考え方をぶつけ合った。国民の前で総理大臣として、与党の代表としてどのように日本をつくるか話すことができた」との認識を示した。官邸内で記者団に語った。

 この日の党首討論では、安倍首相が北朝鮮の核実験と国連安保理の制裁決議に関連し、周辺事態法適用について慎重な姿勢を示しながらも「国民の生命、財産を守る大切な責務を果たすために、あらゆる法令を検討するのは当然だ」と指摘した。

 これに対し小沢代表は「周辺事態の認定や船舶検査に絡み、政府はその場しのぎの対応で混乱をきたしている」と政府の対応を場当たり的だと批判した。

[東京=18日 ロイター]

 (06/10/18 22:48)  





■関連文章
  • 次期米大統領選、民主党有力候補が不出馬を表明(06/10/14)
  • 写真報道:日本ファーストレディー、外交デビュー(06/10/10)
  • 安倍晋三首相、中国訪問を急ぐ理由=香港紙(06/10/08)
  • 中国の軟化対応に慎重論、外交手腕問われる安倍首相訪中(06/10/06)
  • 安倍首相、就任後初めての所信表明(06/09/29)
  • 小沢氏の民主党代表再選が決定、25日の臨時党大会で承認(06/09/12)
  • 小沢民主党代表が格差是正を最優先に基本理念公表、消費税は福祉目的で5%維持(06/09/12)
  • 小沢一郎・民主党代表が訪中、注目される発言動向(06/07/03)
  • 韓国最大野党ハンナラ党、統一地方選で圧勝(06/06/01)
  • 衆議院補欠選挙、小泉自民党敗退(06/04/25)
  • 日本経済相・二階俊博氏、訪中で東シナ海資源共同開発を協議(06/02/22)
  • 米上院司法委員会、アリート氏を最高裁判事に決定(06/01/25)
  • モンゴル:連立政権崩壊、人民党新首相を指名(06/01/19)
  • グリーン・ピース、中国政府に法人資格と会長釈放を要求(05/12/09)
  • 香港:12月4日に普通選挙を求める市民抗議集会(05/12/01)