印刷版   


ブッシュ米大統領、イラク政策で方向転換の可能性を示唆

 ブッシュ米大統領は9日、中間選挙で民主党が上下両院の過半数を制したことを受け、議会の民主党指導部と会談し、相違点を認めたうえで、協力して問題に取り組んでいくと表明した。これにより大統領がイラク政策でより懐柔的なアプローチを取る可能性がでてきた。

 大統領は、下院議長に就任する見通しのペロシ民主党院内総務や、ホイアー同副院内総務らと会談し、中間選挙が終わり、米国が抱える問題に真剣に取り組むときが来たと強調した。

 ペロシ氏は「下院議長としてのわたしの責務は、民主党だけではなく下院全体を代表することだと理解している」と述べた。

 大統領はまた、閣僚会議の後「テロリスト撲滅や、イラクの民主主義政府樹立を成功させるというわれわれの目的達成につながるいかなる提案にも耳を傾ける」と述べ、イラク政策の方向転換について前向きな姿勢を示した。

 大統領は前日、ラムズフェルド国防長官の辞任を発表した。後任になる見通しのロバート・ゲーツ元中央情報局(CIA)長官は、イラク問題についてより柔軟な対応を取るとみられている。

 民主党は、イラク駐留米兵の死亡者数増加やイラクの治安悪化を受け、ブッシュ大統領にイラク政策の方向修正を強く迫る方針を明らかにしている。

 [ワシントン 9日 ロイター]

 (06/11/10 15:41)  





■関連文章
  • 民主党の上院での過半数確定=米中間選挙(06/11/10)
  • 米民主党指導部、イラク問題で超党派の会合開催をブッシュ大統領に要請(06/11/10)
  • 米国、対中貿易関係でより厳しい姿勢示す必要=ランゲル下院議員(06/11/09)
  • 米中間選挙・上院選、民主党が過半数を獲得=メディア(06/11/09)
  • 米国のイラク政策、うまくいっていない=ブッシュ大統領(06/11/09)
  • 米国防長官に大統領任期満了まで続投を期待=ブッシュ大統領(06/11/02)
  • 米中間選挙戦、民主党大きくリードで終盤に(06/10/30)
  • 米中間選挙、民主党が支持率で共和党をリード=ロイター/ゾグビー調査(06/10/27)
  • 北朝鮮核問題、引き続き外交努力で解決を=ブッシュ大統領(06/10/26)
  • ブッシュ米大統領、イラク政権への支持を表明(06/10/26)
  • 米民主党の支持率は55%、共和党をリード=世論調査(06/10/23)
  • 米大統領、北朝鮮に核兵器を売却しないよう警告(06/10/19)
  • 初の党首討論、大局的な観点から考え方ぶつけ合った=安倍首相(06/10/18)
  • 次期米大統領選、民主党有力候補が不出馬を表明(06/10/14)
  • ブッシュ米大統領、代替エネルギー政策を加速させる意向=WSJ紙(06/09/29)