印刷版   


イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官

 ボルテン米大統領首席補佐官は12日、米国はイラク政策の「軌道修正」を行う準備があり、議会で民主・共和両党に働きかけていくが、イラクの民主化と安定という最終目標は変更していないとの見解を示した。

 補佐官は、CNNの番組で「大統領は常に戦術上の調整に関心をもってきたが、イラクでの成功という最終目標に変更はない」と語った。

 ただ、「(大統領は)常に軌道修正する用意がある。イラクの現状に満足できる人はいない。今は明らかにこの問題を新たな視点から見つめる時期だ」と述べた。

 そのうえで、その展望についてゲーツ次期国防長官が提供すると説明した。

 [ワシントン 12日 ロイター]

 (06/11/13 16:18)  





■関連文章
  • ブッシュ米大統領、イラク政策で方向転換の可能性を示唆(06/11/10)
  • 米国のイラク政策、うまくいっていない=ブッシュ大統領(06/11/09)
  • 米共和党、08年大統領選でカギとなる主要州の知事選で敗退(06/11/08)
  • 米政府、シリアとイランなどが「レバノン政府転覆を画策」と非難(06/11/02)
  • OPEC減産、需要低下につながる可能性ある=米大統領(06/10/24)
  • 次期米大統領選、民主党有力候補が不出馬を表明(06/10/14)
  • ブッシュ米大統領と緊密な日米関係維持を確認=安倍首相(06/09/28)
  • 米大統領、同時テロ5年の演説でビンラディン容疑者拘束の決意表明(06/09/12)
  • イスラエルには防衛権がある=ブッシュ米大統領(06/07/14)
  • 中国、エアバス150機を購入(05/12/07)
  • ブッシュ政権、イラク戦略を発表(05/12/01)
  • ブッシュ米大統領訪中前に法輪功の請願(05/11/18)
  • 胡主席訪米、在米中国人権団体が抗議(05/09/04)