印刷版   

北朝鮮向け重油輸送の第1便が出発=韓国港湾当局

 韓国港湾当局は、北朝鮮が核施設稼動停止の条件として求めている重油の輸送船が12日、韓国を出発したことを明らかにした。この便で輸送されているのは燃料用重油6200トンで、14日に北朝鮮に到着する予定。

 14日には、国際原子力機関(IAEA)査察団が核施設の停止を監視するため北朝鮮に到着する。

 IAEAのエルバラダイ事務局長は、ソウルで記者団に、監視装置の設置に約1カ月かかると説明した。

[ソウル 12日 ロイター]

 (07/07/12 17:49)  





■関連文章
  • 北朝鮮がIAEA監視団を正式招請=IAEA(07/07/11)
  • 中国、来週6カ国協議を再開させたい意向=報道(07/07/11)
  • IAEA、北朝鮮への査察団派遣を承認(07/07/10)
  • 重油第一陣の到着後に核施設停止する可能性=北朝鮮報道官(07/07/07)
  • 2014年冬季五輪、開催地はロシアのソチに決定(07/07/05)
  • 6カ国協議、来週にも開催の可能性=ロシア外務次官(07/07/05)
  • 韓国、北朝鮮への重油輸送を来週開始=韓国当局者(07/07/04)
  • 核施設停止前の北朝鮮への重油提供、米国は反対せず(07/07/04)
  • 北朝鮮が発射したミサイル、性能高めたもの=米軍(07/07/02)
  • 北朝鮮の核問題が急速に進展するよう期待=米国務長官(07/06/29)
  • 臓器売買告発の中国民主党党員、韓国政府に難民認定される(07/06/29)
  • 北朝鮮、日本人拉致問題について調査行う方針=関係筋(07/06/28)
  • 北朝鮮のミサイル発射を「深く憂慮」=米国家安全保障会議(07/06/28)
  • 北朝鮮はウラン濃縮計画を公表する必要=米国務次官補(07/06/26)
  • 韓国、北朝鮮へのコメ支援を6月30日から再開(07/06/26)