印刷版   


花粉症の鍼灸・漢方治療法

 【大紀元日本3月26日】花粉症の鍼灸治療法には、標治法と本治法があります。標治法とは、症状を一時的に改善する局所治療で、本治法とは、身体全体を調整し、アレルギー体質を改善していく治療法です。

 鼻の症状を改善するには、上星、大椎、風府などのツボを施術すれば、割合早く効果が現れます。施術法としては、鍼よりはお灸の方がより効果的です。また、直接皮膚にモグサをすえてお灸をすれば、効果は一層高くなります。

 目の症状を改善するには、足にある光明、地五会、足臨泣などのツボを施術すれば、ある程度効果が得られます。施術法としては、鍼で刺激した方がよいでしょう。また、背中の肝兪穴にお灸をすえればより効果が上がります。

 花粉症を患う人には、肺経寒滞、肝血不足の証(病の状態)が比較的多く見られます。これらの症状は、生活習慣と密接に関係しています。冷たい飲食を控え、目の酷使を避け、十分な睡眠を取るなど、適切な生活習慣を心がけるようにしましょう。

 鍼灸治療で体質を改善する場合、その人の体質情況に合わせてツボと施術法を選び、長期的な治療が必要になります。また、鍼灸の他にも漢方薬を合わせて処方することがあります。目の症状には当帰飲子(とうきいんし)、鼻の症状には苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)や葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)などが効きます。

(藪 益舎)

 (09/03/26 01:15)  





■関連文章
  • 経絡の不思議(09/02/10)
  • 陰陽の考え方(08/11/28)
  • 【歴史故事】唐太宗:ムチ打ちの刑を禁止する(08/04/26)
  • 陰陽理論から見る糖尿病(08/01/21)
  • 神経症の按摩治療(07/12/08)
  • 更年期症候群の漢方療法(07/11/17)
  • 米コカコーラ社:漢方生薬入りの新商品を来年発売予定(07/11/08)
  • 研究報告:漢方薬は月経痛に優れた効果(07/11/07)
  • 中国フルーツ「竜眼肉」の健康功能(07/09/06)
  • 【草木染めの植物】合歓木(ネムノキ)(07/08/07)
  • 中国黒龍江省:大型偽造薬製造集団摘発(07/08/01)
  • 舌から見える心の病(07/07/25)
  • 中国河南省:大量の恐竜の化石が、漢方薬として売られる(07/07/14)
  • 美容にも良い漢方の健康茶(07/07/07)
  • 漢方とツボ治療・月経前症候群(07/06/02)