THE EPOCH TIMES

各界芸術家、ステージからイマジネーション・感動・魂の震撼=神韻東京公演

2010年03月07日 20時54分
 【大紀元日本3月7日】6日夜、東京五反田「ゆうぽうとホール」で開かれた神韻芸術団の東京公演に、各界の多くの芸術家たちが駆けつけた。藤間流日本舞踊の藤間豊之助氏、ピアニスト・作曲家の生田美子さんなどの文化芸術界の人士が、神韻の純善、純美な舞台を心ゆくまで鑑賞した。

 ピアニスト・作曲家「このステージからイマジネーションが湧いてくる」

 
ピアニストで作曲家の生田美子さん(撮影:張本真/大紀元)

著名なピアニスト・作曲家の生田美子さんは開口一番に「今日の舞台は荘麗で美しい、華やかで深みがあり、とても素晴らしい」とステージを絶賛した。

 作曲家として、「このステージからイマジネーションが湧いてくる」と語り、「オーケストラと舞踊の一体感がとても素晴らしい。バックスクリーンの映像もとてもきれいで、本当にすべてが素晴らしい」と神韻公演の全体的な芸術性を高く評価した。

 さらに、神韻公演で自分の知らなかった中国の伝統文化に触れたことに喜びを感じたと話し、「神韻芸術団は世界各国での公演を通して、中国の広大な伝統文化を世界中に紹介しています。素晴らしいことです。私は日本人ですけど、このステージは国境を越え、皆が共感できる芸術だと思います。もっと大勢の人に見てもらいたい。本当に感動しました」と神韻が伝えたメッセージに感銘を覚えた様子だった。

 在日台湾画家「魂が震撼させられるステージ」

 
在日台湾画家池依依さん(撮影:張本真/大紀元)

この日のステージは、著名な在日台湾画家池依依(チ・イーイー)さんにとっては昨年に続く2度目の神韻鑑賞だった。鑑賞後、まだ感動の余韻に包まれた池さんは「去年は美の精髄、美の極致を見た感動でしたが、今年は魂までも揺さぶられた感動です」と昨年との印象の違いについて話してくれた。

 「2度目の神韻舞台で魂が再び呼び起こされ、震撼させられた感じです」。そう語った池さんは、「人間の魂は本来、美しいものであるはず」だとし、その貴重な美しさを忘れて生活している人にとっては、この舞台は、「魂の本来のあるべき姿を呼び起こすステージ」だと評価した。美を追求する画家が、表面美の感動から内包美の感動への、昨年との心境の変化を力強く話した。

 日本舞踊振付師「舞踊の斉一な美に感心した」

 
藤間豊之助氏(右)と藤間勘誉氏(撮影:曹景哲/大紀元)

著名な藤間流日本舞踊の振付師藤間豊之助氏と藤間勘誉氏が、公演鑑賞後に日本舞踊との違いについて話した。「日本舞踊はあくまでも個人プレーですが、神韻のステージの舞踊にはもちろんリードダンサーもいるものの、全体的な斉一な美がとびっきりすばらしい。感心した」と口を揃えて賞賛した。「こんなきらびやかなステージの背後にはきっと厳しい訓練があったはず」と同業の人ならではの感想とダンサー達への敬意を表した。

 アパレルデザイナー「配色は勉強になった」

 アパレルデザイナーの斉藤千代子さんと友人が公演鑑賞後に、「とても素晴らしい舞台です。1つ1つのストーリーに感動し、見入っていました」と感動を口にした。

 アパレルデザイナーとして、「着物の配色も元々中国から伝わってきたものです。今日の舞台衣装からはそのルーツがわかった気がしました。配色はとてもすてきで、明るくてきれいでした。パワーをもらった感じです。勉強になりました」と生き生きと感想を話してくれた。

 *神韻芸術団は今後、9日に横浜、12日に広島、15日に福岡、17日に西宮で公演を行う予定になっている。

 くわしいスケジュールと公演情報は、日本公演サイトまで。

(張YH)


関連キーワード

関連特集

^