THE EPOCH TIMES

迷信か、幸運か・・・信じる心に効果あり=独ケルン大学研究

2010年05月09日 09時55分
 【大紀元日本5月9日】重要な試験の直前には「人」という字を手に描いて飲み込んだり、「必ず勝つ」という言葉をもじったお菓子を食べてみたり…人は人生の中で大切な出来事を成功させたいとき、迷信や縁起ものに運命をゆだねることがある。時には幸運のお守りを身に着けて、運気をアップさせようという人もいるだろう。鳩山由紀夫首相も、大切な会談の日にはラッキーカラーであるゴールドの小物を身につけている。

 こうしたラッキーアイテムや縁起ものの力は、実は迷信ではなく本当に人を幸運にさせたり、成功に導いたりする効果があると、独ケルン大学研究チームが論文を発表した。

 同研究チームはさまざまな実験を行った。例えば、実験の参加者全員にパターゴルフをしてもらい、半数の人だけに「あなたの打つボールはラッキーボールです」と知らせた結果、10球のうち平均6.75回をカップインさせた。残り半数の人たちの結果が4.75回だったのに対し、ラッキーボールだと知らされたグループの方が35%カップインを成功させる確率があがった。また、「神経衰弱」と似た記憶力を試すトランプの実験では、ラッキーアイテムを持っている人の結果が、持っていない人と比べ30%記憶力が良かった。他にも、特定の実験者たちに「あなたのために幸運を祈ります」と指をクロスするマークを見せただけで、そのグループの仕事効率が上がったという。

 米国のセレブの中にも、迷信やラッキーアイテムの力を信じている人がいる。ハリウッド女優のキャメロン・ディアスは「若さを保つ効果がある」という、友人からもらったネックレスを愛用している。また俳優のジュリー・ウォルターズ(Julie Walters)はオスカー受賞式に出席した際に、バッグの中に炭のかけらを入れていたという。

 しかし、信じることが必ずしもバラ色の結末をもたらすとは限らない。ウォールストリートジャーナルは7年前、イギリスの研究グループが107人のトレーダーを対象に、迷信についての実験結果を報道している。特定のグループのトレーダーに「キーボードのZとXとCの3つを押し続けると株価指数が動く」との情報を流したが、これを信じたトレーダーの成績は散々だったそうだ。

 ラッキーアイテムは身につける人の緊張を和らげて、心を勇気付けて能力をアップさせる。したがってトレーディングや賭け事など、外部的な結果に依存する出来事に効果はないようだ。研究チームの代表の一人、リサネ・ダミシュ氏(Lysanne Damisch)は、「信じることは確かに良い結果をもたらすのです」と話した。

 今回の研究内容の詳細は、6月号のサイコロジカル・サイエンス誌に発表される。

(翻訳編集・豊山)


関連キーワード
^