THE EPOCH TIMES

全世界華人声楽大会閉幕 金賞に喚醒氏と陳欣沁氏

2010年08月27日 07時00分
 【大紀元日本8月27日】今回で4回目となる全世界華人声楽大会(新唐人テレビ主催)が8月22日午後、米ニューヨークのマンハッタンにあるゲラルド・リンチ劇場で、すべての選考を終えて閉幕した。 

 大会は20日の一次予選から始まり、21日の二次予選を経て、厳しい審査を通過した男性6人、女性11人の出場者が、22日の本選へ進んだ。

 最終選考の結果、男声部門の金賞に喚醒氏、銀賞に天歌氏、銅賞に力秋氏と簡崇元氏が、女声部門の金賞に陳欣沁氏、銀賞に鄭怡君氏、銅賞に易真氏と 林雯郁氏がそれぞれ選ばれた。

 その他、優秀歌唱賞には、男声部門では沈俊清氏、張曜群氏が、女声部門ではナターシャ・クン氏、桂佳麗氏、周庭奔氏、盧仁惠氏、夏丹宇氏、シーレイ・ワン氏、高永顗氏がそれぞれ受賞した。

 各出場者は本選で、二次予選と同様、西洋の歌曲1曲と中国語の歌曲1曲を、いずれもベルカント唱法によって歌う。

 主席審査員の関貴敏氏は、審査後この大会について次のように評した。「金賞を受賞したテノールの喚醒氏は、声量が豊かで流麗であった。まだ若いがステージの上で緊張することもなく、中国語の発音も正確だった。同じく金賞を受賞したアルトの陳欣沁氏は、第1回大会にも参加しているが、この3年間に大きな進歩があったことが伺える。伸びやかな声であるとともに、歌曲の作品に対するまとめ方も十分だった」

 さらに関貴敏氏は、「今年の大会は出場者の実力が接近していて、甲乙つけがたかった」とも述べた。

(翻訳編集・牧)


関連キーワード
^