THE EPOCH TIMES

収入格差がさらに拡大、世界で最も深刻=中国

2011年02月14日 07時50分
 【大紀元日本2月14日】中国の人力資源と社会保障部がこのほど発表したデータによると、中国国内の職業による所得格差は15倍に達し、去年の11倍よりさらに拡大したという。国内紙・経済参考報が報じた。

 同部が提供した資料によると、06~07年の日本、イギリス、フランスの所得格差が1.6~2倍、ドイツ、カナダ、アメリカ、韓国は2.3~3倍だったことから、中国の所得格差は世界で最も深刻なレベルに達したことが分かった。

 大手ポータルサイト・網易が同記事を転載すると、たちまち3000を超えるコメントが殺到した。

 「わずか15倍?」「実際に150倍を超えていても不思議ではない」「収入以外のグレーな所得も入れると、宇宙で一番にもなれる」と、データの信憑性を疑う書き込みが相次いだ。

 ある自称公務員のネット利用者は「私の給料はわずか5000元。北京ではそれほどの高給取りでもないよ」と書き込むと、「兄も収入3000元の公務員だけど、10年間で住宅3軒も格安の値段で手に入れた」と反論され、「まさに問題の本質をついている」との擁護のコメントが寄せられた。

 公務員に贈賄したことのある人も登場し、「正月に毎年政府幹部に贈賄している。20数人に60万元を贈ったことがある」と赤裸々に語った。

 「また新記録を作った」「世界一にこだわるわが国」「一部の人を先に豊かにさせた。政策のおかげでわずか数年で世界長者にランクインしてしまったほどだった」など揶揄のコメントや、「封建社会の階級制度と何の違いもない」「このままでは革命が起こる」と批判の声がほとんどだ。

(翻訳編集・高遠)


関連キーワード
^