THE EPOCH TIMES

漁師とビジネスマン

2011年09月07日 07時00分
 【大紀元日本9月7日】あなたが人生で追い求めているものは何ですか?お金ですか?名声ですか?次の物語から、答えが見つかるかもしれません。
 
***********************************************

 メキシコ海岸の近くの小さな漁村に、一人の漁師が住んでいた。彼は毎日、自然に目覚めるまで寝て、海に出て魚を何匹か捕り、子供たちと遊び、昼寝をする。夕方になると、村の友人たちと酒を飲んだり、ギターを弾いたりする充実した生活を送っていた。

 ある日、漁師はキハダマグロを何匹か釣って戻り、小さな漁船を接岸した。すると、埠頭に男性が座っているのが見えた。彼は、米ハーバード大学を卒業したエリート・ビジネスマンだった。

 ビジネスマンは、漁師が高級な魚を釣ったことを褒めながら、漁にかかった時間を聞いた。漁師は、ほんの少しだと答えた。

 「もっと時間をかけて、魚をたくさん釣らないのかい?」とビジネスマンが質問すると、「一家の生活には十分だから、たくさんはいらない」と、漁師は答えた。

 ビジネスマンは漁師の生活ぶりを知り、アイディアを出した。「あなたは毎日、もっと多くの時間をかけて魚を捕り、稼いだお金でもっと大きい漁船を買うべきだよ。魚を多く捕れば漁船の数も増えて、何隻も所有できる。魚は行商人に売らずに、直接加工工場に売るといい。続いて、缶詰工場を開き、生産、加工、販売を全部コントロールする。すると、この小さな漁村から離れて、メキシコシティ、ロサンゼルス、最後にはニューヨークに引っ越し、どんどん企業を拡大していくんだ」

 漁師は、「それはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?」と聞いた。ビジネスマンは、15~20年だと答えた。

 ビジネスマンは更に、「時機が熟したら株式を上場し、そうすれば億単位で儲かるよ」と、漁師に説明した。

 最後に、ビジネスマンはとてもゆったりとした生活を思い描いた。「その時、あなたは退職して、海岸に近い小さな漁村に引っ越し、毎日自然に目覚めるまで寝て…」

 漁師はそこまで聞くと、ふと漏らした。「それは、今の私の生活と同じではないか?」

 
(翻訳編集・李頁)


関連キーワード
^