THE EPOCH TIMES

中国の村長フォーラム 高級車がズラリ 1億円以上の自動車も

2011年10月29日 09時27分
 【大紀元日本10月29日】「第11回中国の村長フォーラム」が22日から、2日間の日程で山東省臨沂市瀋泉庄村で開かれた。多くの村幹部は高級車で大会に駆けつけ、会場駐車場には、メルセデスベンツやBMW、ロールスロイス、レクサスなどの高級車がズラリ。ナンバープレートも「888」や「666」、「777」、「999」などの人気番号ばかり。「高級車の展示会」のような村長フォーラムは会議そのものよりも、村幹部らの派手な振る舞いが注目されている。

 高級車好きの地元村民は、会期中に「100台以上の写真が取れた」と喜ぶ。名前の知らない外車もたくさんあったという。江蘇省昆山の村主任は1億4300万円相当の超豪華キャンピングカーで会議に臨み、「数百万元(数千万円)の車で来たら面目丸つぶれになるのだ」と、豪華キャンピングカーで来た理由を話す。

 中国社会科学院の「農村経済緑書」(2011)によると、2010年、中国の農村一人当たりの年間純収入は6126元(約7万3千円相当)。この年収で1億4300万円の車を買うには、約2000年が必要だ。「国富官富民貧」という格差社会の実態とその裏にある汚職の蔓延が窺える。

 インターネットの掲示板に書き込みが殺到している。「村長に1千万元以上の車があるなら、市長や県長は神舟7号(中国の有人宇宙船)で通勤すべきだね」(無痕)「これは犯罪の証拠だ!よく調べよう。賄賂なしでこんな金持ちになれない」(美食美康)「調べないで。やっとお腹いっぱいにさせたのに、新しいのが来たら、また貪られるのだ」(大少)。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード
^