中国メディア、周永康の息子の汚職報じる 習政権、メスは周まで?江まで?

2013年11月27日 10時49分
【大紀元日本11月27日】中国のニュースサイト「財新網」はこのほど、中央政法委の前トップ周永康氏の息子・周濱氏の重大汚職疑惑を報道した。2人の親子関係に言及していないが、政治評論家らは、報道が習近平政権による周永康氏への警告だとみている。

 財新網の22日の報道は、複数の情報筋の証言として、国有石油大手・中国海洋石油(中海油)の幹部・米暁東氏が10月初め頃に身柄拘束されて取り調べを受けていると伝えた。

 同報道は、米氏の黒幕は周濱氏だと指摘し、その親族は国有石油大手を支配して巨額の富を得た証拠として、一部の汚職事実を並べた。米氏については、各種不正取引の実行役であり裏で舵を取るのは周濱氏だと主張した。

 周濱氏の父は江沢民派の重鎮、昨年末に政権から退いた中央政法委の前トップ周永康氏。北京石油学院を卒業後の1966年に石油業界に入った同氏は、石油管理局長や、石油工業部副部長(次官)を経て、1998年国土資源部長(大臣)に就任まで最大手の中国石油天然気(中国石油)のトップを務めていた。中国石油業界で強力な権力ネットワークを築きあげ、一族は国の石油利権を牛耳り巨額の財を成したといわれている。

 財新網が周濱氏の汚職問題を取り上げるのは初めてではない。9月25日、中国石油を舞台とする同氏とその妻一族の不正蓄財問題をはじめて報道したが、直後に取り下げられた。一連の関連報道は今月22日に再び財新網で掲載され、周永康氏の息子であることに触れていないが、削除されることなく、ミニブログ(微博)でもよく転載されている。

 このことについて、ドイツ国家放送「ドイチェ・ヴェレー」は専門家らの見解として、「習近平側が父親の周永康氏の汚職問題を再燃させるための策だ」と伝えた。

 今年8月、習近平政権は石油業界の汚職問題を調査しはじめ、9月に国務院国資委主任、周永康氏の腹心である中国石油の蒋潔敏・前会長を「重大な規律違反があった」として解任したほか、周氏の側近の複数の同社上層部も失脚した。

 こうした中、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは度々、内部情報として周永康氏が取り調べを受けていると報じていた。

 一方、10月はじめ周永康氏は中国石油大学の60周年イベントに出席し、健在ぶりをアピールした。

 この経緯の背景について、中国の歴史学者・章立凡氏はドイチェ・ヴェレーに対して、「中国共産党の権力闘争の複雑性を露呈した」と話した。

 「周永康氏は江沢民氏や、曽慶紅氏と盟友であることから、習近平側はいま熟慮しているであろう。駆け引きを行うのか、それとも逃げ場を失った政敵を見逃すのか、または根こそぎ排除するのか。排除するなら、周永康までなのか、それとも江沢民までやっつけるのか。太子党の従来のやり方では、一網打尽になるであろう」と章氏は言う。

 
(翻訳編集・叶子)




関連キーワード

関連特集

^