五月中、429人の法輪功学習者が死亡確認

2005/06/09 21:27
 【大紀元日本6月9日】2005年5月の集計によると、過去一ヶ月間に429人の法輪功学習者が迫害により死亡したことが確認された。法輪功が1999年7月に中国で弾圧されて以来、迫害による死亡人数が既に2447名に達したと法輪大法インフォセンターはこれほど伝えた。

 確認された429人の死亡者のうちの88人は2005年の1月~5月の間に死亡した。59%が女性で251人、55歳以上の人は286人で67%を占めた。その中、最年少者は14歳の王文蘭(女性、黒竜江省双城市第8中学一年)と唐詩雨(男性、遼寧省丹東市福村小学校学生)。二人とも2003年に死亡した。

注目記事
^