印刷版   

NY市場サマリー(30日)



            
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   117.12/15

       始値   117.01/05

   前営業日終値   116.63/66

ユーロ/ドル 終値   1.2835/41

       始値   1.2823/27

   前営業日終値   1.2823/26

30年債(2130GMT)    93*22.50(+0*10.50)=4.9063%

前営業日終盤    93*12.00(+0*01.00)=4.9285%

10年債(2130GMT)    100*30.00(+0*07.50)=4.7554%

 前営業日終盤   100*22.50(+0*02.00)=4.7851%

 2年債(2130GMT)    100*03.25(N/A)  =4.8211%

     前営業日終盤    N/A

ダウ工業株30種(ドル)

     終値         11382.91(+12.97)

   前営業日終値    11369.94(+17.93)

ナスダック総合

     終値         2185.73(+13.43)

   前営業日終値    2172.30(+11.60

S&P総合500種指数

     終値         1304.27(‐0.01)

   前営業日終値    1304.28(+2.50)

COMEX金(12月限)(ドル/オンス) 626.10(+7.00)

     前営業日終値        619.10(‐4.80)

原油先物(10月限)(ドル/バレル)  70.03(+0.32)

     前営業日終値         69.71(‐0.90)

CRB商品指数 (ポイント)   327.09(‐1.36)

     前営業日終値     328.45(‐1.24)

-------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルが対ユーロでほぼ変わらず、対円で小幅高。日米欧の金利見通しが材料となった。朝方発表された第2・四半期の米国内総生産(GDP)やインフレの改定値はほぼ予想と一致し、焦点は31日の欧州中銀(ECB)理事会とトリシェ総裁の会見に移った。

-------------------------------------------------------------------

 <債券> 続伸。5年債入札で強い引き合いがあったことや、第2・四半期国内総生産(GDP)改定値統計でコア個人消費支出(PCE)価格指数が予想を下回ったことを受けた動き。

 140億ドルの5年債入札では、今年これまでの同様の債券入札時の平均を上回る需要がみられた。アジアの中央銀行を含む間接入札者の落札比率も平均を上回った。

-------------------------------------------------------------------

 <株式>  薄商いのなかダウとナスダックが小幅続伸。朝方発表された第2・四半期の米国内総生産(GDP)改定値が、経済成長が依然適度に堅調なことを示し、相場を支えた。

 午後終盤には、リッチモンド地区連銀のラッカー総裁による発言を受け、相場は上げを削る展開となった。ラッカー総裁はブルームバーグテレビに対し、インフレは固定化するリスクがあると指摘、現在の経済減速はインフレを迅速に低下させるには不十分かもしれないとの見方を示した。

-------------------------------------------------------------------

 <金先物> ファンド筋を中心とした押し目買いに大幅反発、中心限月12月物は1オンス=626.10ドルと前日終値(619.10ドル)比7.00ドル高で終了した。

-------------------------------------------------------------------

 <原油先物> 米国内での供給逼迫(ひっぱく)懸念の後退で一時2カ月ぶりに1バレル=69ドル台を割り込んだ後、イランに対する経済制裁観測の高まりを受け急反発して引けた。米国産標準油種WTIの中心限月10月物は前日終値比0.32ドル高の70.03ドルで終了。

(ロイター31日=東京)

 (06/08/31 08:40)  





■関連文章
  • NY市場サマリー(29日)(06/08/30)
  • 米大学生、24時間2分の新記録でNY地下鉄の全駅制覇(06/08/25)
  • NY市場サマリー(23日)(06/08/24)
  • NY市場サマリー(17日)(06/08/18)
  • 06年の金の投資環境は好ましい=ワールド・ゴールド・カウンシル(06/08/17)
  • NY市場サマリー(16日)(06/08/17)
  • NY市場サマリー(15日)(06/08/16)
  • ニューヨーク・タイムズ紙:歴史の重要性、『中国の教訓』一書を推薦(06/08/16)
  • NY市場サマリー(14日)(06/08/15)
  • NY市場サマリー(10日)(06/08/11)
  • NY市場サマリー(9日)(06/08/10)
  • NY市場サマリー(8日)(06/08/09)
  • NY市場サマリー(7日)(06/08/08)
  • スーダン・ダルフールの大量虐殺、中共が助長=NYT紙(06/08/07)
  • NY市場サマリー(3日)(06/08/04)