印刷版   

1月10日、国連の経済社会局は世界経済に関する年次報告書で2007年の世界の経済成長率は3.2%と前年を下回るとの認識示した。写真は昨年10月ジュネーブで撮影した国連旗(2007年 ロイター/Denis Balibouse)

07年の世界経済成長率は3.2%に鈍化へ=国連

国連の経済社会局は、世界経済に関する年次報告書を公表、米住宅市場の鈍化を受け2007年の世界の経済成長率は3.2%と、前年の3.8%を下回る、との認識を示した。

 同報告書は、米住宅セクターの減速により07年の米国の経済成長率は2.2%にとどまり、前年の水準を1%ポイント下回るとしている。

 また、同報告書では、日本の07年の成長率が2%を下回る水準に減速、欧州はおよそ2%と見られ、日欧経済には「米国に代わって世界経済の成長のけん引役になるほどの強さはない」との認識を示した。

 一方で、同報告書は、中央銀行に利下げの余地があること、米企業財務が健全であることを理由に、世界のリセッション(景気後退)は回避され、世界経済が「軟着地」する可能性もあるとの認識を示している。 

 中国を含む東アジア経済は、今年も強い成長を維持し、成長率は7%となる、との見通しを示した。2006年は、平均で7.6%だった。

 インドなど南アジアは前年の6.7%をわずかながら下回る見通し。

 [国連 10日 ロイター]

 (07/01/11 15:07)  





■関連文章
  • 国連改革や北朝鮮問題で連携強化を確認=日英首脳会談で安倍首相(07/01/10)
  • 安保理決議は無効、核開発は継続する=イラン大統領(07/01/03)
  • 潘基文氏、国連事務総長に就任(07/01/03)
  • インドネシア旅客機墜落:同国軍関係者、墜落機発見を否定(07/01/02)
  • 102人搭乗のインドネシア旅客機が墜落、12人が生存(07/01/02)
  • インドネシア:フェリー船沈没事件、500人行方不明(06/12/31)
  • インドの投資環境は中国より優れている=世界著名投資家ジョージ・ソロス氏(06/12/24)
  • 米大使館、インドネシアに滞在する欧米人にテロ警戒呼びかけ(06/12/19)
  • 相互貿易が拡大すると確信=日・印首脳会談で安倍首相(06/12/16)
  • 世界消費者信頼感指数、インドがトップ=調査(06/12/14)
  • トヨタ、インドネシアからの輸出を07年に12%拡大へ(06/12/12)
  • イラン制裁決議案めぐる6カ国会合、完全合意に至らず=仏外務省(06/12/06)
  • ボルトン米国連大使、数日中に辞任(06/12/05)
  • 2006年、中国のエイズ感染者30%激増(06/12/03)
  • インドネシア・モルッカ諸島でマグニチュード6.1の地震(06/11/29)