THE EPOCH TIMES

3千万華人が中国共産党関連組織を脱退、世界各地で支援集会

2008年01月10日 13時28分
 【大紀元日本1月10日】08年新年の前夜、『九評共産党』発表3周年の折、中国共産党関連組織からの離脱運動(「三退」と呼ばれ、共産党、共青団、少先隊からの離脱表明)は阻止できない勢いで新たな段階に入り、離脱者数が3千万となり歴史的な突破を遂げた。香港、台湾、北米、オーストラリア、ヨーロッパなど世界各地は次から次へと集会やパレードを行い、離脱した3千万の民衆に祝福と声援のメッセージを送った。

 現在、全世界五大洲の30余カ国100以上の地域に脱党サービスセンターがあり、数万の志願者が中国民衆の「三退」のために各種のサービスを提供している。ますます多くの中国大陸の民衆や役人が脱党の大潮に合流し、中には自発的に「脱党サービスセンター」を作った人たちもいる。

 数人の欧米の政界要人が、中国民衆の中国共産党からの離脱を声援している。米国カリフォルニア州のサンテ(Santee)市市長・ランディ氏は12月30日、全世界脱党サービスセンターに祝福の手紙を送り、「中共政権による人間の基本的自由の剥奪はすべての中国人に対する脅しだけでなく、全世界に対する脅しでもある」と指摘し、歴史は邪悪な政権が最終的には絶対に失敗することを証明しているとし、「私は中国人民に自由な日が来ることを期待している」と述べた。

 カナダの元国会議員デービット・キルガー氏は12月8日、中国国内で起きている共産党離脱運動は「精神的民主化運動」であると指摘し、「中国共産党は歴史の舞台から降りなければならない、それは中国が新時代を迎えるための絶対条件」との見解を示した。

 香港では12月30日、中共関連組織から離脱した3千万華人を声援する集会とパレードが行われた。集会で香港市民支援愛国民主運動連合会(支連会)の会長・司徒華氏、元立法局の議員・馮智活牧師、民主活動家・古思尭氏など数人の有識者が発言し、中国共産党の暴政は必ず滅亡すると指摘し、そして法輪功学習者が迫害を中止させるために、平和的手段で中国共産党を解体する努力をしてきたと賞賛した。

 中共の暴政から離脱して、いま海外にいる中国山西省科学技術専門家協会の元秘書長・賈甲氏も、このほど成立した中国暫定政府準備委員会のメンバーとして、録音した演説を通じて、各界の正義ある人々に暴政を終焉させ、中国を再建するよう呼びかけた。

 全世界脱党サービスセンターも初めて電話を通じて、香港、マカオ、台湾の同胞や中国の観光客に「脱党を公にして、中国共産党を解体せよ」との新年告示を読み上げた。それらは生中継で中国大陸にも伝わった。

 台湾台中市では12月1日、脱中共3千万人の応援活動が行われ、4千人以上の民衆が声援に参加し、台中市議会の秘書・林耀城氏は議長・張宏年氏の代理として挨拶し、市議員・劉国隆氏とアムネスティの理事・頼成也氏も声援に駆けつけた。

 
12月22日、オーストラリアのメルボンで中共関連組織から離脱した3千万華人を声援する集会とパレードが行われた(大紀元)

12月30日、香港で中共関連組織から離脱した3千万華人を声援する集会とパレードが行われた(大紀元)

12月30日、香港で中共関連組織から離脱した3千万華人を声援する集会とパレードが行われた(大紀元)

12月1日、台湾台中市で脱中共3千万人の大型応援集会が行われた(大紀元)

サンフランシスコでは、12月29日、数百人が市政広場から、交通警察協力の下、市街区の商店街に沿いチャイナタウンに向かってパレードし、その後集会を行い、脱中共3千万人へ声援を送った。

 12月30日、カナダのトロント、オタワ、モントリオール、バンクーバー、エドモントの5都市が連合で脱中共3千万人の声援と『九評共産党』発表3周年を祝い、ヨーロッパ共産国家の真相を還元する協会の代表・バーバラ氏、民主中国戦線副主席・盛雪氏、民主活動家・蘇明氏などが集会で発言した。

 12月23日、パリで中国民主党フランス支部が毛沢東の人類に反する罪を批判する座談会を開催した。中国民主党事務総長・李春安氏は、『九評共産党』がもたらした脱党の波は、世間の人を目覚めさせ、奮い立たせたと語った。フランス国際放送局元中文部主任・呉葆璋氏は、中国共産党の罪悪が人権への踏みつけだけでなく、名実ともにジェノサイド、人道に反する罪を犯していると指摘した。

 また、同時期にフィンランドや韓国、オーストラリアなどでも脱中共3千万人の声援集会とパレードが行われた。

 全世界脱中国共産党サービスセンターのスポークスマン・高大維氏はこのほど、中国共産党体系内の良知ある人、すべての国内外の華人に向って、「歴史の機縁を大切にして下さい。脱党、脱団、脱隊し、『九評』を広め、「三退」を促進し、名声を後世に残せる中華の英雄になろう、中国共産邪党の血の債務を背負い、民族の罪人になることを避けよう」と呼びかけた。

 全世界脱中国共産党サービスセンターは元旦の新年公告の中で、「08年、中華の大地は国民全体が目覚め、公に『三退』が現れ、中国共産党の悪党が平和的に解体されるという輝かしい一年となろう。世界は私達中華人の知恵と勇気の結集による偉大なる歴史の壮挙を目の当たりにするだろう」との予測を示している。

 
(記者・王宇心、翻訳/編集・金本)


関連キーワード
^