印刷版   

様々なタイプの豆乳メーカーがネット販売されている

豆乳メーカー、中国で人気

 【大紀元日本5月20日】昨年、中国全土で発生した汚染ミルク問題の影響を受け、中国の乳製品市場は大幅に縮小している。一方、その代わりとなる栄養食品として豆乳が注目を集め、さまざまな豆乳メーカーが人気商品となっている。

 最近豆乳メーカーを購入した湖北省の民李さんは「汚染ミルク問題が発覚してから、子どもが牛乳を飲まなくなった。自分で豆乳を作ったほうが安全」と述べた。

 中国では昨年から、自分で絞りたての豆乳が作れる豆乳メーカーが売れ筋の商品だ。電気店やスーパー、デパートなどでは、豆乳メーカーのセールス・イベントが頻繁に行われ、毎日の売り上げは以前に比べて数倍上がっているという。値段は一台200元(約3500円)から600元(約1万円)で、豊富な機能と簡単な操作を兼ね備えたタイプが人気。

 「安全で、栄養にも優れている」として、朝食の飲み物はもっぱら牛乳から豆乳に切り替える消費者が多いようだ。

 一方、豆乳メーカーの品質に問題があり、誤作動や漏れ、本体から煙が出るなどのクレームも増えている。各地の商工局が、豆乳メーカーを購入する際の注意点を市民に呼び掛けている。

 豆乳メーカーのほか、ジュースメーカーも流行っている。

 
(翻訳・坂本 編集・肖シンリ)


 (09/05/20 22:31)  





■関連文章
  • 経済変化にともない悪化する大気汚染 重慶・中国(09/05/19)
  • 汚染された中国製薬品、米国でアレルギー反応と死者(09/04/27)
  • 三鹿有害粉ミルク事件:責任問われた政府関係者、実質昇進(09/04/19)
  • 国有大手企業の従業員3百人、給料未払いでストライキ=重慶(09/04/16)
  • 企業幹部の汚職を訴え、従業員1000人が集団陳情=河北省(09/04/10)
  • 09年米国自動車耐久品質調査ランキング、日本車ダウン(09/04/03)
  • 中国核実験、32年間で46回も(09/03/28)
  • 地球温暖化ガス、中国製品輸入国にも責任=中国環境問題・高官発言(09/03/19)
  • 中国人ジャーナリスト:中国の食品汚染、「道徳汚染」が起因(09/03/07)
  • 河水汚染で魚が大量死=広東省(09/02/25)
  • 珠江デルタ:年間スモッグ日数238日、憂慮される大気汚染(09/02/20)
  • 深刻な環境汚染、身体に欠陥のある乳児が激増=中国(09/02/03)
  • 有毒粉ミルク再び 乳児48人が結石=中国(09/02/01)
  • 基準値の10倍、深刻化する大気汚染=香港(09/01/30)
  • 有害粉ミルク被害者家族ブログ、中国当局全面的に閉鎖(09/01/29)