印刷版   

あかるい表情で当選者の名前に赤いバラをつける鳩山民主党代表(張本真/大紀元)

自民大敗、民主308議席の圧勝で政権交代

 【大紀元日本8月31日】30日投票、即開票が行われた09年総選挙は、民主党が308議席の単独過半数越えとなり、発足以来第一党の座に座り続けた自民党から政権をとる結果となった。

 この結果を受け、自民党の麻生首相(自民党総裁)は、自民党本部の記者会見で退陣する意向を表明。「経済対策道半ば、断腸の思いだが、宿命と思い甘受する。今後は一党員として自民党の力になる」と厳しい表情で語った。

 圧勝の報を受け、鳩山民主党代表は都内ホテルに設けられた投開票センターにて、各地候補者名簿のならぶボードに、当選の赤いバラをつけて明るい表情を見せた。鳩山氏はインタビューで、今後の政権運営ついて「国民のニーズに応えられなかった自公の政策のように、政治家が責任を取れないようではいけない。民主が勝ったということではなく、国民が勝ったといわれるような政治にしたい」と話した。

 報道によると、管直人民主党代表代理は「マニフェストに沿った具体的な政策で政権交代を国民が実感すだろう。大胆な原則でもって、年金制度や少子高齢化など様々な問題に対する政策実行を慎重に行いたい」と話した。

 自民党大敗の要因はいくつかあげられる。安倍元首相、福田前首相の約一年での辞任で自公政権への信頼が崩れたこと、また麻生首相の失言ぐせなどが影響して内閣支持率は20%と低いものであったこと。また小泉元首相が進めた経済構造改革で、いままでの地方の支持基盤を失ったことも大きな要因との見方がある。

 会見で麻生氏は、政権のバトンを渡す民主党に対し「厳しい経済を立て直す姿勢ならば、民主政権に期待し、政権交代を祝福したい」と話した。

 
(西村)


 (09/08/31 08:56)  





■関連文章
  • 「20代の夏政り」 若者団体、選挙参加よびかけ=09衆院選(09/08/29)
  • 注目のアフガン大統領選挙 開票スタート (09/08/22)
  • 09衆議院選へ 麻生首相、鳩山代表の党首討論(09/08/13)
  • 「安心」「活力」「責任」=自民党の政権公約(09/08/02)
  • 民主党がマニフェスト発表 「5つの約束」などで政権交代に臨む(09/07/30)
  • イラン宗教指導者、英大使館職員の起訴を検討 (09/07/04)
  • 香港で7万人デモ行進、中共に屈する行政府を非難(09/07/04)
  • 中国人権問題言及すれども、貿易関係に影響せず=カナダ国際貿易相(09/04/19)
  • 国連人権理事会建て直しなるか:米国、理事国選挙に初出馬(09/04/04)
  • NPO法人 日本法輪大法学会、麻生首相に要望書提出:法輪功迫害の首魁・李長春の日本入国を拒否せよ(09/03/27)
  • 軍人7万人がチベットに進駐、専門家は中共を非難(09/03/19)
  • 中国両会、延べ500人強の代表欠席(09/03/14)
  • 米政界で頭角を現すアジア系後裔(09/01/28)
  • 村選挙候補賄賂疑惑、村民千人抗議(08/12/14)
  • 中国山西省:村の選挙現場に機動隊1500人出動(08/12/11)